FSERC, Kyoto University, Ashiu Forest Research Station
風景/芦生研究林   京都大学フィールド科学教育研究センター
            森林ステーション
 芦生研究林

〒601−0703 京都府南丹市美山町芦生 TEL.0771-77-0321 FAX.0771-77-0323
E-mail asiu@cans.zaq.ne.jp(@マークを半角にしてください。)
トップ
概況・施設
教育
研究
アクセス
スタッフ
リンク
概要印刷

イベントニュース

2015年度

芦生一般公開(京大ウィークス)

平成27年10月17日

今年度からの試みとして芦生一般公開が行われました。
広大な敷地を持ち、多様な生物をはぐくむ芦生研究林。ここがどんな施設でどんな教育や
研究が行われているかを皆さんに知っていただくため、事務所エリアを開放するイベントです。
教員のリレー講義などの様々なワークショップが開かれ、たくさんの人でにぎわいました。


内杉林道散策 森林軌道散策
内杉林道散策
森林軌道散策
リレー講義 チェーンソーによる丸太切り体験
リレー講義
チェーンソーによる丸太切り体験
薪割り体験 草木染め体験
薪割り体験
草木染め体験
森のスケッチ教室 資料館展示
森のスケッチ教室
資料館展示

ページトップへ
'15年度一覧へ



美山っ子グリーンワールド

平成27年5月29日

今年も美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
美山町内児童の交流を深めるとともにふるさと美山の自然を体感し、
自然を愛する心を育てることを目的として行われ、町内5つの小学校の第4学年児童41名が参加しました。
児童達は樹木の説明を聞いたり、つるに登ったり、珍しい匂いのする木を嗅いだりと五感を使って自然を学んでいました。
自分たちの故郷にある自然を体感し、その素晴らしさを経験する機会を提供する事が出来たのではないかと思っています。


大カツラ 対岸に見えるのは野外実験区
大カツラ
対岸に見えるのは野外実験区
樹木の説明 つるに上ってターザン
樹木の説明
つるに上ってターザン
モリアオガエルの卵 トチノキの大穴
モリアオガエルの卵
トチノキの大穴

ページトップへ
'15年度一覧へ



2014年度

京都府立林業大学校 森林風致実習

平成26年11月13日

京都府立林業大学校の生徒19名が、天然林の森林美について、現実の森林を見て考える実習のために来研しました。
気温が低い上に、小雨が混じる中で出発しましたが、生徒達は熱心に林内の観察をしていました。
人工林とはまた違った景観を見ることで生徒達の見聞が広がればと思います。


概要説明 大カツラを観察
概要説明
大カツラを観察
集合写真 キノコ観察
集合写真
キノコ観察
クマの冬眠穴? 最後はよい天気でした。
クマの冬眠穴?
最後はよい天気でした。

ページトップへ
'14年度一覧へ



第24回公開講座「今、森から考える-生態学からみる、森と地球と私たち-」

平成26年11月1−2日

京大ウィークスの一環として第24回公開講座が開催されました。昨年は台風の影響で開催できなかったため、芦生で実施する公開講座としては初めて秋の開催となりました。 応募者75人から当選した19人と高校生11人が1泊2日の日程で参加し、色づく秋の山を舞台に芦生の森について多角的に学びました。
今回は「生態学からみる、森と地球と私たち」というテーマが設定され、参加者は森の中の小さな生き物たちの営みから、 地球規模の生態系の成り立ちやしくみまで、いろんなスケールで森林について考えました。
初日は、「芦生研究林の概要」「キノコとカビが語る芦生の森の魅力」「森からわかる地球の話」「芦生の森のカエデ講座」 「原生的な森林に残る、人々の営みの跡をたずねて」といったテーマでの講義のあと、近代化産業遺産に指定されている森林軌道を灰野集落跡まで歩きました。
2日目は上谷を歩き、冷温帯の植生やシカ害・ナラ枯の実態、各種研究サイトを見学。時雨模様の天気となりましたが、前日の講義の内容にも触れながら熱心に観察しました。


大園准教授による講義「キノコとカビが語る芦生の森の魅力」 伊勢准教授による講義「森からわかる地球の話」
大園准教授による講義
「キノコとカビが語る芦生の森の魅力」
伊勢准教授による講義
「森からわかる地球の話」
芦生の森のカエデ講座 森林軌道散策
芦生の森のカエデ講座
森林軌道散策
樹木の観察 長治谷シカ防除区画
樹木の観察
長治谷シカ防除区画
大カツラの着生樹木を観察 集合写真
大カツラの着生樹木を観察
集合写真

ページトップへ
'14年度一覧へ



京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外実習

平成26年10月24日

京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科1年生21名が校外実習のために来研しました。
長治谷作業所前から三国峠に至る道を歩き、芦生の森林を観察しました。


大カツラの前で集合写真 長治谷シカ防除区画
大カツラの前で集合写真
長治谷シカ防除区画
ブナの観察 ナメコ発見
ブナの観察
ナメコ発見
三国峠までもう少し 三国峠到着。疲れた〜。
三国峠までもう少し
三国峠到着。疲れた〜。

ページトップへ
'14年度一覧へ



知ろう、守ろう芦生の森−ボランティア活動−
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会)


平成26年8月2日

6月7日に枕谷で行われたブナ芽生え調査の継続調査と、シカ防除ネット内外の植生調査が行なわれました。
今回はボランティア24名、京大生2名の参加者がありました。


植生調査 長治谷のシカ防除試験区
植生調査
長治谷のシカ防除試験区

ページトップへ
'14年度一覧へ



美山っ子グリーンワールド

平成26年7月24日

今年も美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
美山町内児童の交流を深めるとともにふるさと美山の自然を体感し、
自然を愛する心を育てることを目的として行われ、町内5つの小学校の第4学年児童12名が参加しました。
児童達は樹木の説明を聞いたり、つるに登ったり、珍しい匂いのする木を嗅いだりと五感を使って自然を学んでいました。
自分たちの故郷にある自然を体感し、その素晴らしさを経験する機会を提供する事が出来たのではないかと思っています。


大カツラ 野田畑にて
大カツラ
野田畑にて
ここは以前は笹藪でした 川辺でちょっと休憩
ここは以前は笹藪でした
川辺でちょっと休憩
ターザンごっこ 見上げるとモリアオガエルの卵が
ターザンごっこ
見上げるとモリアオガエルの卵が
クマの冬眠穴?の木に大はしゃぎ ここが由良川の始まり
クマの冬眠穴?の木に大はしゃぎ
ここが由良川の始まり

ページトップへ
'14年度一覧へ



知ろう、守ろう芦生の森−ボランティア活動−/京都学−京都の森林と文化(略称)実習−
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会 /併催:フィールド研)


平成26年6月7日

今年で4年目となる、枕谷でのブナ芽生え調査がおこなわれました。
今回は一般応募31名と京大生4名の参加者がありました。
午前はシカ防護ネット内外の実生調査とプロットの補修を行い、
午後は高柳講師による案内で、野田畑での複数調査区やウツロ谷での大規模調査区を見学し、
芦生の森で起こっている植生変化について学びました。
今年は大きな天気の崩れもなく、無事に終了することができました。


ボランティアによる実生調査 京大生も交えて
ボランティアによる実生調査
京大生も交えて
シカ防護柵大規模調査区の見学 本日のまとめ
シカ防護柵大規模調査区の見学
本日のまとめ

ページトップへ
'14年度一覧へ



芦生の森自然観察会 入門編「春の森を歩いて自然観察をしよう」

平成26年5月31日

今年も春の自然観察会が行われました。
応募者61名の中から当選された21名の方と共に上谷を散策しました。
当日は快晴となり暑いくらいでしたが、樹木の観察や山の動態などの話を交えつつ楽しく歩くことが出来ました。
参加してくださった皆様どうもありがとうございました。 ※参加された方で集合写真を希望される方はメールでご連絡ください。


集合写真 大カツラ
集合写真
大カツラ
野田畑にて 由良川最初の一滴
野田畑にて
由良川最初の一滴

ページトップへ
'14年度一覧へ



南丹市立美山中学校 「宿泊体験学習」

平成26年5月29−30日

宿泊体験学習で美山中学校の1年生20名が芦生研究林に来られました。
研究林では1日目は上谷、2日目は軌道を歩き、
郷土の動植物やかつて山を生活の場とした人の暮らしなどについて学びました。
小学4年生の行事以来3年ぶりに来たという生徒も多く、
また違った視点で山を見ることができたのではないかと思います。


川の生き物を観察 見上げる先にはモリアオガエルの卵が
川の生き物を観察
見上げる先にはモリアオガエルの卵が

ページトップへ
'14年度一覧へ



京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外実習

平成26年5月14日

京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科2年生29名が校外学習のために来研しました。
まず徳地林長による講義を受けてから、大カツラで説明、記念撮影を行い、
長治谷でお昼を食べ、長治谷から三国峠までの見学を行いました。
新緑の林内で、マイナスイオンを浴びながら、森林の特性、樹木の分布の違いなど、
森林に対する興味を深めていただいたのではないかと思います。


大カツラにて記念撮影 新緑を味わいながら休憩
大カツラにて記念撮影
新緑を味わいながら休憩

ページトップへ
'14年度一覧へ



2013年度

京都府立林業大学校 森林風致実習

平成25年10月30日

京都府立林業大学校の生徒24名が、天然林の森林美について現実の森林を見て考える実習のために来研しました。
この日はコース半ばから時折雨が降るコンディションでしたが、生徒達は雨にもめげず全員無事に歩きました。
上谷を歩きながら、人工林とまた違った景観を肌で感じとった生徒達の見聞が広がればと思います。


天然林の説明 由良川源流の見学
天然林の説明
由良川源流の見学
大カツラの見学 シカ防護ネット見学
大カツラの見学
シカ防護ネット見学

ページトップへ
'13年度一覧へ


美山っ子グリーンワールド

平成25年7月23日

毎年恒例の美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
町内児童の交流を深め、ふるさと美山の自然を体感し自然を愛する心を育てることを目的として行われ、町内5つの小学校の第4学年児童23名が参加しました。
児童達は樹木の説明を聞いたり、つるに登ったり、珍しい匂いのする木を嗅いだりと五感を使って自然を学んでいました。
自分たちの故郷にある自然を体感し、その素晴らしさを少し知っていただけたのではないかと思っています。


大カツラの見学 集合写真
大カツラの見学
集合写真
木の説明 つる登り
木の説明
つる登り
ここが源流 木を守る方法
ここが源流
木を守る方法

ページトップへ
'13年度一覧へ


南丹市立美山中学校 「宿泊体験学習」

平成25年5月30−31日

南丹市立美山中学校の1年生35名が、芦生の自然に触れ、自然環境の変遷や貴重な動植物の生態などを学び、人々の暮らしの変遷についても考え学ぶため、1泊2日の日程でフィールドワークを行いました。
1日目は上谷、2日目は軌道沿いの見学を行い、この2日間を通して地元の自然の貴重さや楽しさを学び、この授業の目的を達することができたようでした。


大カツラの見学 1班
大カツラの見学
1班
2班 3班
2班
3班
4班 集合写真
4班
集合写真

ページトップへ
'13年度一覧へ


芦生の森自然観察会 入門編「春の森を歩きながら樹木観察をしよう」

平成25年5月25日

今年も春の自然観察会が行われました。
応募者65名の中から当選された20名の方と共に上谷を散策しました。
当日は快晴となり暑いくらいでしたが、樹木の観察や山の動態などの話を交えつつ楽しく歩くことが出来ました。
参加してくださった皆様どうもありがとうございました。 ※参加された方で集合写真を希望される方はメールでご連絡ください。


集合写真 樹木の観察
集合写真
樹木の観察
ナラ枯れ対策の説明 熊剥ぎの説明
ナラ枯れ対策の説明
熊剥ぎの説明

ページトップへ
'13年度一覧へ


芦生の森に設置したシカ防護ネット内・外の植生調査及びネット上げ

平成25年5月11日

これまでに「知ろう、守ろう芦生の森」のボランティア活動に参加していただいた方々, 新たに参加される方々を対象に,昨年11月22日に行われたシカ防護ネット内・外のブナ芽生えの継続調査と,シカ防護ネット上げを行っていただきました。
当日はあいにくの雨天にも関わらず,参加された19名の方々は熱心に取り組んでいました。


ブナ芽生えの調査 シカ防護ネット上げ
ブナ芽生えの調査
シカ防護ネット上げ

ページトップへ
'13年度一覧へ


2012年度

第1回芦生の森ガイド連絡会

平成25年3月21日

芦生研究林をフィールドとして活動している認定ガイドの方を対象に芦生の森ガイド連絡会を開催しました。
連絡会は、普段異なる団体に所属しているガイド同士の情報交換の場として今回初めて開催したもので、南丹市や高島市、京都市などから31人の方が参加しました。
会議ではまず長谷川林長から連絡会の設立趣旨や、シカによる食害、ナラ枯、借地契約といった研究林を取り巻く昨今の情勢について説明があり、福島研究員からは研究林内で行われているシカ防除実験についてのレクチャーがありました。
参加者からは「ガイド認定の仕組みをはっきりさせてほしい」などの意見があり、今後継続的に情報交換を図りつつ、制度の充実を図っていくことが確認されました。


長谷川林長による説明 意見交換
長谷川林長による説明
意見交換

ページトップへ
'12年度一覧へ


芦生の森に設置したシカ防護ネット内・外の植生調査及びネット下ろし
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会)


平成24年11月22日

これまでに「知ろう、守ろう芦生の森」のボランティア活動に参加いただいた方々を対象に、8月11日に行われたシカ防護ネット内・外のブナ芽生えの継続調査と,雪にそなえてネット下ろしを行っていただきました。


シカ防護ネット下ろし ブナ芽生えの継続調査
シカ防護ネット下ろし
ブナ芽生えの継続調査

ページトップへ
'12年度一覧へ


大阪府立住吉高校 フィールドワーク研修

平成24年11月13日

大阪府立住吉高校の1,2年生の有志17名が原生的な植生や共生関係の観察を目的として来られました。
まず大カツラを見学し、長治谷でお昼を食べた後、約3時間かけて野田畑谷を散策しました。
樹木やキノコの観察を通して、普段接する機会の少ない大自然を体で感じてもらえたのではないでしょうか。


シカ防除柵の観察 樹木の説明
シカ防除柵の観察
樹木の説明
つるを登ってみました 集合写真
つるを登ってみました
集合写真

ページトップへ
'12年度一覧へ


京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外学習

平成24年11月9日

京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科1年生28名が校外学習(環境科学基礎)のために来られました。
今年はあいにくの雨模様となり、まず長谷川林長による講義を受けてから、長治谷でお昼を食べ、長治谷から大カツラまでの林道沿いを見学しました。
雨の降る寒い林内でしたが、樹木の匂いを嗅いだり山で起きている問題を直接観察したりと、森林に対する興味を深めていただいたのではないかと思います。


長谷川林長による講義 シカの影響の説明
長谷川林長による講義
シカの影響の説明
樹木の観察 虫害の観察
樹木の観察
虫害の観察
大カツラの観察 雨の中での集合写真
大カツラの観察
雨の中での集合写真

ページトップへ
'12年度一覧へ


平成24年度工学研究科技術部第2回技術職員研修

平成24年11月8日

原生的な状態の植生や動物を観察し、専門外の分野の見識を広めることを目的として工学研究科技術部の技術職員研修が行われ、18名が参加されました。
今年の秋は雨が多いですが、この日は天候に恵まれ、まず、講義室で長谷川林長より芦生研究林と森林管理に関する講義を受け、昼からは上谷を歩き、樹木や森の歴史などの説明を受けました。
参加者の方は積極的に質問するなど意欲的に学ばれていて、今後の職務の一助としていただけるのではないかと思います。


長谷川林長による講義 樹木の識別について
長谷川林長による講義
樹木の識別について
森の歴史について 集合写真
森の歴史について
集合写真

ページトップへ
'12年度一覧へ


地権者説明会

平成24年11月2日

芦生研究林の地権者の方への説明会が行われました。
今回は44名の方が参加され、まず長谷川林長から芦生研究林の歴史やこれからの展望についての話があり、 その後、林内で大カツラやブナ林を見学されました。
あいにくの雨模様でしたが、林長による話や見学を通して、研究林の存在意義についての理解を深めていただくことができたと思います。


長谷川林長による説明 大カツラの見学
長谷川林長による説明
大カツラの見学

ページトップへ
'12年度一覧へ


芦生の森自然観察会 入門編 「秋の森を歩きながら樹木観察をしよう」

平成24年10月27日

今年も秋の自然観察会が行われ、応募者88名の中から当選された22名と秋の上谷を歩きました。
当日は心地よい秋晴れの中、所々見られる紅葉やカツラの甘い香りを楽しんだり、 森で起こっている問題や樹木について学んだりと芦生の森を様々な角度から見ていただけたのではないかと思っています。
これからも皆さんに支えられてこの自然観察会続けてゆきたいと思っていますので、次回もたくさんのご応募をお待ちしております。


集合写真 シカ防除柵の見学
集合写真
シカ防除柵の見学
熊剥ぎについての説明 川辺で小休止
熊剥ぎについての説明
川辺で小休止

ページトップへ
'12年度一覧へ


京都府立林業大学校 鳥獣害対策研修

平成24年10月18日

京都府立林業大学校の生徒20名が参加し、芦生研究林における野生鳥獣被害の現状と対応について学ぶ研修が行われました。
悪天候の中、林内にそれぞれ設置されているシカ防除柵の内と外を見学し、シカの食害の影響で植生がどれだけ違うのかを学ばれました。


長治谷のシカ柵の解説 ウツロ谷のシカ柵見学
長治谷のシカ柵の解説
ウツロ谷のシカ柵見学

ページトップへ
'12年度一覧へ


木文化プロジェクト報告会

平成24年9月26日

2009年度より行われている木文化プロジェクトのうち、芦生に関する成果報告会が行われました。
長治谷シカ防除柵内での鳥類や植生の回復状況、宮ノ森伐採実験の現時点での成果や今後の展望などが発表されました。
質疑応答の時間では、これからの方向性や調査内容を含め時間を超過するほどの熱い議論が繰り広げられました。
教員や研究者・技術職員が意識を共有するための非常に有意義な報告会であったと思います。


シカ柵内の鳥類の利用状況についての発表 下層植生の改変が生態系に与える影響の発表
シカ柵内の鳥類の利用状況についての発表
下層植生の改変が生態系に与える影響の発表

ページトップへ
'12年度一覧へ


芦生の森に設置したシカ防護ネット内・外の植生調査活動
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会)


平成24年8月11日

これまでに「知ろう、守ろう芦生の森」のボランティア活動に参加いただいた 方々を対象に、先に行われたネット内のブナ芽生えの継続調査と,新たに設定 したネット外の対照区の植生調査を行っていただきました。
調査終了後には,班別・全体議論が行われ,今後のボランティア活動について 活発な意見交換が行われました。


開会式 ネット外対照区の設定作業
開会式
ネット外対照区の設定作業
植生調査の概要説明 ネット内の植生調査
植生調査の概要説明
ネット内の植生調査
ネット外対照区の植生調査 班別議論
ネット外対照区の植生調査
班別議論

ページトップへ
'12年度一覧へ


美山っ子グリーンワールド

平成24年7月31日

毎年恒例の美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
町内児童の交流を深め、ふるさと美山の自然を体感する事を目的として行われ、町内5つの小学校の第4学年児童30名が参加しました。
夏晴れの中、児童たちは講師の話をメモしたり、大木のウロに入ったり、日本海を見たりと五感を使って自然を学んでいました。
普段なかなか接することのない森での体験を通して、ふるさとに残る自然の貴重さを実感していただいたのではないかと思います。


1班 2班
1班
2班
3班 4班
3班
4班
大カツラの見学 もちろん川遊びも!
大カツラの見学
もちろん川遊びも!
どれだけ上れるかな? 集合写真
どれだけ上れるかな?
集合写真

ページトップへ
'12年度一覧へ


京都市立洛南中学校 サマーチャレンジ

平成24年7月30日

京都市立洛南中学校の生徒30名が自然体験学習に来られました。
4班に分かれてブナノキ峠に登り、その後大カツラを見学しました。
この体験を通して普段接することの少ない自然を体感していただいたのではないかと思います。


レッツ登山! 山頂で一休み
レッツ登山!
山頂で一休み
集合写真 夏はやっぱり川遊び
集合写真
夏はやっぱり川遊び

ページトップへ
'12年度一覧へ


第22回 芦生公開講座
今,森から考える −森を伐る− 


平成24年7月27−29日

今回で22回目となる芦生公開講座が行われました。
メインテーマは昨年と同じ「今,森から考える」、今年のテーマは「森を伐る」です。
今回は応募者54名で、このうち当選された32名の方が参加されました。
また、高校生枠として、5名の方が参加されました。
初日は、フィールド科学教育研究センターの吉岡教授による開講挨拶から始まり、「森を伐る」をテーマに 「森と人との関係」、「木材利用の推移」、「伐採が環境に与える影響」といった幅広い内容について各教員による講義が行われました。
最後に技術職員による樹木識別入門が行われ、初日の日程を終了しました。


吉岡教授による『開講挨拶』 中西助教(芦生研究林担当)による『芦生研究林の概要』
吉岡教授による
『開講挨拶』
中西助教(芦生研究林担当)による
『芦生研究林の概要』
長谷川准教授(芦生研究林長)による『なぜ森を伐るのか−これからの社会の中での森とのつきあい方』 坂野上助教による『森を消費するわたしたち−資源利用はどのように変わってきたか』
長谷川准教授(芦生研究林長)による『なぜ森を伐るのか
−これからの社会の中での森とのつきあい方』
坂野上助教による『森を消費するわたしたち
−資源利用はどのように変わってきたか』
徳地准教授による『森を伐ると環境はどう変わるの?』 講義風景
徳地准教授による
『森を伐ると環境はどう変わるの?』
講義風景
平井技術職員による『樹木の識別入門』 各グループごとに樹木識別実習
平井技術職員による
『樹木の識別入門』
各グループごとに
樹木識別実習

二日目は天然林での講義・実習が行われました。午前はマイクロバスで林内へ出発し、その後4班に分かれてそれぞれ教員による現場講義・説明を受けながらの散策となりました。
昼食後はコース別実習となり、三国峠コース、木を測るコース、長治谷ぶらつきコースの中から、それぞれ興味のあるコースに分かれて実習を行いました。
また今年のテーマである『森を伐る』に沿って、下谷の伐採試験地の見学も行われました。


上谷散策(1班) 上谷散策(2班)
上谷散策(1班)
上谷散策(2班)
上谷散策(3班) 上谷散策(4班)
上谷散策(3班)
上谷散策(4班)
三国峠コース 木を測るコース
三国峠コース
木を測るコース
長治谷ぶらつきコース 大カツラの見学
長治谷ぶらつきコース
大カツラの見学

最終日は、中島講師による「産業遺産を歩こう−原生的な森林に残る人間の軌跡」というテーマで軌道の散策が行われました。
構内に戻ってきてから、おみやげのコースターが配られ、希望者はコースターの裏にクマの焼き印を押す体験も行われました。
その後、閉講挨拶が行われ、全日程を終了しました。


中島講師による『産業遺産を歩こう<br>−原生的な森林に残る人間の軌跡』 集合写真
中島講師による『産業遺産を歩こう
−原生的な森林に残る人間の軌跡』
集合写真
※集合写真のデータを希望される方はメールでお問い合わせ下さい
クマの焼き印体験 柴田センター長による『閉講挨拶』
クマの焼き印体験
柴田センター長による
『閉講挨拶』

この三日間は天候にも恵まれ、予定通り進行することができました。
受講生の皆さん、スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。

ページトップへ
'12年度一覧へ


美山中学校 芦生宿泊体験学習

平成24年5月31日−6月1日

美山中学校の1年生27名が1泊2日で体験学習に来られました。
1日目は上谷を歩き、芦生の植物や森の問題点などを学んでいただきました。
2日目は午前中に軌道沿いを歩き、奥山の歴史を学んだり、由良川で仲良く遊んだりしていました。
2日間を通して地元の自然の貴重さや楽しさを学んでいただいたのではないかと思っています。


大カツラで集合写真 樹木の説明
大カツラで集合写真
樹木の説明
蔓のブランコ ただいま川遊び中
蔓のブランコ
ただいま川遊び中

ページトップへ
'12年度一覧へ


芦生の森自然観察会 入門編 「春の森を歩きながら樹木観察をしよう」

平成24年5月26日

今年も芦生の森春の自然観察会を行いました。
今回も多数の応募をいただき、抽選で選ばれた21名と共に、由良川源流の上谷を歩きました。
前日に少し雨が降りましたが、当日は好天に恵まれ絶好の散策日和となり、
参加された方には、林内の植物を観察したり、行われている研究や森の話を聞いたりと、
芦生の森を満喫していただいたのではないかと思います。


シカ排除柵の説明 ナラ枯れ防除の説明
シカ排除柵の説明
ナラ枯れ防除の説明
植物の説明 記念写真
植物の説明
記念写真

ページトップへ
'12年度一覧へ


芦生の森に設置したシカ防護ネット内のブナの芽生え調査及びネットを上げる作業の体験
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会)

平成24年5月16日

これまでに「知ろう、守ろう芦生の森」 のボランティア活動やシンポジウムに参加していただき、 シカ防護ネットの有効性を知っていただいた方々を対象に、 設置後約9ヶ月経過したネット内のブナの芽生えの調査やネット上げ作業の体験を行っていただきました。
当日は快晴となり清々しい青空の下、参加していただいた5名の方々は熱心に取り組んでいました。


調査プロットの位置決め 調査プロット作成
調査プロットの位置決め
調査プロット作成
ブナの芽生えの調査 最後にネットを上げて終了
ブナの芽生えの調査
最後にネットを上げて終了

ページトップへ
'12年度一覧へ


2011年度

芦生の森に設置したシカ防護ネット内の観察及びネットを下ろす作業の体験
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会)

平成23年11月21日

これまでに「知ろう、守ろう芦生の森」 のボランティア活動やシンポジウムに参加していただき、 シカ防護ネットの有効性を知っていただいた方々を対象に、 設置後約100日経過したネット内の観察や、ネット下ろし作業の体験を行っていただきました。
作業後、シカ防護ネットを設置した枕谷をさかのぼり、三国峠にも足を伸ばし、森林内の状況を観察しました。
当日はあいにくの悪天候でしたが、参加していただいた12名の方々は熱心に取り組んでいました。


シカ排除柵実験区の見学 ネット下ろし作業の体験
シカ排除柵実験区の見学
ネット下ろし作業の体験
三国峠でのミニ講義 終わりの挨拶
三国峠でのミニ講義
終わりの挨拶

ページトップへ
'11年度一覧へ


光の子どもインターナショナルクリスチャンスクール 自然観察学習

平成23年11月2日

光りの子どもインターナショナルクリスチャンスクールの子供達が体験学習に来られました。
生徒25名と教師5名あわせて30名が参加され、長治谷から杉尾峠までを3班に分かれて歩きました。
クマやシカが森林に与える影響を直接見たり、森の中で遊んだりすることを通して多くのことを学んで頂けたと思います。
これからも自然を大切にする心を育み、すくすくと成長して欲しいと思います。


アシウスギの説明 シカ排除柵の説明
アシウスギの説明
シカ排除柵の説明
天然のジャングルジム? 集合写真
天然のジャングルジム?
集合写真

ページトップへ
'11年度一覧へ


京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外学習

平成23年10月25日

京都府立北桑田高校森林リサーチ科1年生の校外学習(環境科学基礎)が芦生研究林で行われました。
今年は天候の影響でいつもの三国峠往復ではなく、上谷を歩きました。
シカ害やナラ枯れを直接観察したり、様々な植物やキノコの説明を受けたり、大きな蔓の耐久性を確認したりと盛りだくさんの内容でしたが、皆さん疲れる様子もなく、普段接することのない原生的な森林から多くを学ばれたことと思います。


樹木の説明 草本の説明
樹木の説明
草本の説明
ターザン? 集合写真
ターザン?
集合写真

ページトップへ
'11年度一覧へ


芦生の森自然観察会 入門編 「秋の森を歩きながら自然観察をしよう」

平成23年10月22日

毎年恒例の秋の自然観察会。今回は67名の応募あり、当選された16名の方が参加されました。
前日の天気予報では一日雨マークで、どうなることかと心配していましたが、なんとか天気も踏ん張ってくれて予定通り上谷を歩くことができました。
参加者の方も局所的に綺麗な紅葉を見たり、峠から日本海を眺めたりと楽しんでいただいたことと思います。
今後も継続していきたいと思っていますので、皆様からのご応募お待ちしております。


シカ排除柵の見学 樹木の識別方法について説明
シカ排除柵の見学
樹木の識別方法について説明
森の歴史について説明 集合写真
森の歴史について説明
集合写真

ページトップへ
'11年度一覧へ


知ろう、守ろう芦生の森 −芦生の森探索とシカ防護ネット設置ボランティア活動−
(主催:芦生地域有害鳥獣対策協議会、京都府南丹広域振興局 /共催:フィールド研他)

平成23年7月30日

この催しは、府民の皆さんにシカの食害により変わってしまった芦生の現状を知っていただくとともに、その再生のお手伝いをしていただく機会として企画され、当日は31名の方が参加されました。
シカ防護柵実験区の見学後、防護柵の設置を行っていただく予定でしたが、途中からの大雨により、防護柵の設置は中止となりました。
構内に戻り、高柳講師による防護柵についてのミニ講義が行われ、本日の日程を終了しました。
終了後、青空が広がりはじめ、参加者の皆さんは非常に残念そうでした。

*8月3日に、ボランティアの方2名と共に、防護柵を設置しました。


吉岡教授による挨拶 シカ防護柵実験区の見学
吉岡教授による挨拶
シカ防護柵実験区の見学
構内でのミニ講義 切なくなる青空
構内でのミニ講義
切なくなる青空

ページトップへ
'11年度一覧へ


美山っ子グリーンワールド

平成23年7月28日

芦生研究林で平成23年度 美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
町内児童の交流を深め、ふるさと美山の自然を体感する事を目的として毎年行われ、今年も町内5つの小学校の第4学年児童25名が参加しました。
午前中は怪しい雲行きで一雨降るのではと心配しましたが、雨もなく無事に歩くことができました。
林内では職員の説明に児童達はペンを走らせながら、積極的に質問を投げかけ、その真剣さが我々職員にも伝わりました。
最後の方は、流石にみんな少し疲れがみえましたが、自然と触れ合う楽しさがこの学習で少しでも感じられたのでは思います。


大桂の説明 話を聞き入る児童達
大桂の説明
話を聞き入る児童達
先生!これは何? ターザンだぁ!
先生!これは何?
ターザンだぁ!

ページトップへ
'11年度一覧へ


第21回 芦生公開講座
今,森から考える −森のめぐみ− 


平成23年7月22−24日

今回で21回目となる芦生公開講座。今回より公開講座のテーマが変更となりました。
新たなメインテーマは「今,森から考える」、今年のテーマは「森のめぐみ」です。
今回の応募者は47名で、このうち当選された35名の方が参加されました。
また、参加者のうち、今回より新たな試みとして設けられた高校生枠として、3名の方が参加されました。
初日は、フィールド科学教育研究センター長の柴田教授による開会挨拶から始まり、「森のめぐみ」をテーマに
「心の癒し」、「バイオマス資源」、「川の生態系」といった幅広い内容について各教員による講義が行われました。
最後に技術職員による樹木識別入門が行われ、初日の日程を終了しました。


受付の様子 柴田教授(センター長)による『開講挨拶』
受付の様子
柴田教授(センター長)による
『開講挨拶』
長谷川准教授(芦生研究林長)による『芦生研究林の概要』 福島フィールド研研究員による『山のめぐみ−迫り来るシカの脅威』
長谷川准教授(芦生研究林長)による
『芦生研究林の概要』
福島フィールド研研究員による
『山のめぐみ−迫り来るシカの脅威』
境地球環境学堂博士課程による『川のめぐみ−森と川のつながりをめぐるシカと水生生物の関係』 今西明治国際医療大学附属統合医療センター長による『健康のめぐみ−森ですこやかに』
境地球環境学堂博士課程による
『川のめぐみ−森と川のつながりをめぐる
シカと水生生物の関係』
今西明治国際医療大学附属統合医療センター長による
『健康のめぐみ−森ですこやかに』
坂エネルギー科学研究科教授による『草木のめぐみ−草木をエネルギーに変える』 荒井技術職員による『樹木識別入門』
坂エネルギー科学研究科教授による
『草木のめぐみ−草木をエネルギーに変える』
荒井技術職員による
『樹木識別入門』
小嶋技術職員による『検索表の使い方』 各グループごとに樹木識別実習
小嶋技術職員による
『検索表の使い方』
各グループごとに
樹木識別実習

二日目は天然林での講義・実習が行われました。午前はマイクロバスで林内へ出発し、その後5班に分かれてそれぞれ教員による現場講義・説明を受けながらの散策となりました。
昼食後はコース別実習となり、櫃倉谷コース、水を測るコース、木を測るコース、長治谷ぶらつきコースの中から、それぞれ興味のあるコースに分かれて実習を行いました。


構内での事前説明 上谷散策(1班)
構内での事前説明
上谷散策(1班)
上谷散策(2班) 上谷散策(3班)
上谷散策(2班)
上谷散策(3班)
上谷散策(4班) 上谷散策(5班)
上谷散策(4班)
上谷散策(5班)
櫃倉谷コース 水を測るコース
櫃倉谷コース
水を測るコース
木を測るコース 大カツラの見学
木を測るコース
大カツラの見学

最終日は、まず初めに深町地球環境学堂准教授による講義が行われました。
その後、かやぶきの里(北村)へ移動し、中野文平氏(前 南丹市文化財保護審議員)による「かやぶきの里解説と見学」が行われました。
現場講義の後、閉講挨拶が行われ、全日程を終了しました。



深町地球環境学堂准教授による『里のめぐみ−茅葺き民家の現代的意義を考える』 中野 前南丹市文化財保護審議員による『かやぶきの里解説と見学』
深町地球環境学堂准教授による
『里のめぐみ−茅葺き民家の現代的意義を考える』
中野 前南丹市文化財保護審議員による
『かやぶきの里解説と見学』
かやぶきの里見学 かやぶきの里風景
かやぶきの里見学
かやぶきの里風景

この三日間は天候にも恵まれ、プログラムも当初の予定通り進行できました。
受講生の皆さん、スタッフの皆さん本当にお疲れ様でした。

ページトップへ
'11年度一覧へ


なんたんわくわくキッズ

平成23年6月19日

南丹市内の小学生が自然体験や農業を体験するわくわくキッズ。
今回は樹木や森林の観察を通じて、自然環境のすばらしさや不思議さを体感するため、芦生研究林にて行われました。
当日は児童約30名が参加され、長治谷から杉尾峠までを3班に分かれて歩きました。
スケジュールの都合によりハイペースで散策が行われ、さらには途中から雨が降ってくるなど、
児童のみなさんには大変な一日となりましたが、樹木の勉強や川遊びなど、最後まで頑張って取り組んでいました。


サンヨウブシの説明 サワフタギの説明
サンヨウブシの説明
サワフタギの説明
休憩中 記念写真
休憩中
記念写真

ページトップへ
'11年度一覧へ


芦生の森自然観察会 入門編 「春の森を歩きながら自然観察をしよう」

平成23年5月28日

もうすっかり芦生研究林の恒例イベントとなりました芦生の森自然観察会。
今回、多数の応募の中から抽選で選ばれた方々と共に、由良川源流の上谷を歩きました。
当日は台風2号の接近などもあってキャンセルが続出しましたが、スケジュールを変更したこともあり歩いている最中は天気がもってくれました。
2010年秋の観察会は台風で中止になり、2回続けて台風と天候にはあまり恵まれていません。
けれどもこれに負けず、また秋に自然観察会の開催を予定していますので、皆様からのご応募お待ちしております。


カシノナガキクイムシの説明 樹木の説明
カシノナガキクイムシの説明
樹木の説明
大桂の説明 記念写真
大桂の説明
記念写真

ページトップへ
'11年度一覧へ


2010年度

京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外学習

平成22年10月29日

京都府立北桑田高校森林リサーチ科1年生の校外学習(環境科学基礎)が芦生研究林で行われました。 長治谷作業所から三国峠を往復するいつものコースで、今年は30人と多くの勉強熱心な生徒たちが芦生研究林の天然林を見学し、 獣虫害による樹木被害や植生の変化、多雪地ならではの樹木の形状や特徴を観察しました。 最初は平坦で楽な道のりで生徒たちにも余裕が感じられましたが、後半上りが続くと流石に疲れた表情を見せていました。 最後の三国峠に到着したときは、見晴らしの良さに少し疲れを忘れた様子で、終始楽しみながらの学習になったようでした。 また今後芦生研究林が生徒の皆さんの学習フィールドになればと願っています。


カツラの巨木観察 三国峠到着!
カツラの巨木観察
三国峠到着!
走りながら散策 ニホンジカの食害防除柵観察
走りながら散策
ニホンジカの食害防除柵観察

ページトップへ
'10年度一覧へ



京都市立大枝小学校「総合的な学習」

平成22年10月14日

京都市立大枝小学校5年生が、芦生の森を実際に歩くことで自然の雄大さに触れ、自然環境を守る大切さに気づくことを目的
とした「総合的な学習」で研究林に来られました。
当日は児童76名が参加され、長治谷から杉尾峠までを7班に分かれて歩きました。
樹木の話を聞いたり、川で遊んだりと、色々な形で自然に触れることによって、今回の目的を達成することが出来たのではないでしょうか。


香りのする木 林内散策
香りのする木
林内散策
川遊び 終わりの挨拶
川遊び
終わりの挨拶

ページトップへ
'10年度一覧へ



京都市立葛野小学校「芦生研究林自然体験学習」

平成22年9月10日

京都市立葛野小学校5年生が長期宿泊自然体験学習の一環として研究林に来られました。
当日は引率の先生9名、児童86名が参加され、芦生研究林のスタッフ9名で対応しました。
長治谷から大桂保存木まで、下谷周辺を7班に分かれて歩きました。
樹木園で説明を聞き、沢沿いを歩きながら様々な体験をしました。
今回は私たちも案内するのが初めてのコースで少し緊張しましたが、全員無事に下山することができました。
子供達が体験した自然の素晴らしさや楽しさを少しでも覚えていてくれたら私達 も嬉しく思います。


緊張の瞬間!スタッフ紹介 何かな?樹木の説明
緊張の瞬間!スタッフ紹介
何かな?樹木の説明
都会では無理?川の横断 お!何かいる!
都会では無理?川の横断
お!何かいる!

ページトップへ
'10年度一覧へ



大学等地域開放特別事業 森林体験学習

平成22年8月24日

和歌山県有田川町にある有田中央高等学校清水分校の1年生と引率の先生、和歌山研究林の方々が、 同校と和歌山研究林とで協力して行っている、総合的な学習の時間「SIMIZUタイム」/「ふるさと体験」 の一環として芦生を訪れました。
このプログラムは、地元を離れて森や木の大切さを知るとともに、林業をはじめ、各地域の産業を知り 体験することで、ふるさとの課題を理解し、その将来について考えることを目的としています。
お昼過ぎに到着後、和歌山研究林、芦生研究林スタッフの案内で上谷の天然林を見学しました。
見学途中に雨が降り、生徒さんには大変な一日だったようですが、芦生の自然を十分に堪能してもらいました。


柴田和歌山研究林長、長谷川芦生研究林長による挨拶 樹木の説明
柴田和歌山研究林長、
長谷川芦生研究林長による挨拶
樹木の説明
雨宿り オオトチ前で記念写真
雨宿り
オオトチ前で記念写真

ページトップへ
'10年度一覧へ



第20回 芦生公開講座
森のしくみとその役割 −芦生のあゆみ− 


平成22年7月30日−8月1日

今回節目となる第20回芦生公開講座が7月30日から8月1日まで2泊3日の日程で行われました。
初日は、フィールド科学教育研究センター副センター長の柴田教授の開会挨拶から始まり、「芦生のあゆみ」をテーマに
芦生の森の過去から未来まで幅広い内容について各教員による講義が行われました。
最後に技術職員による樹木識別入門が行われ、本日の日程はこれで終了となりました。


長谷川准教授(芦生研究林長)による『芦生研究林の紹介』 安藤准教授による『芦生の森はどう変化したか?』
長谷川准教授(芦生研究林長)による
『芦生研究林の紹介』
安藤准教授による
『芦生の森はどう変化したか?』
川那辺名誉教授による『大学の山「芦生」』 神崎名誉教授による『山を活かす』
川那辺名誉教授による
『大学の山「芦生」』
神崎名誉教授による
『山を活かす』
質疑応答 技術職員による『樹木識別入門』
質疑応答
技術職員による
『樹木識別入門』
樹木識別実習
樹木識別実習

二日目は天然林での講義・実習が行われました。午前はマイクロバスで林内へ出発し、その後4班に分かれてそれぞれ教員による現場講義・説明を受けながらの散策となりました。
昼食後はコース別実習となり、受講生は山登りコースや体験コースなど、それぞれ興味のあるコースに分かれて“楽習”しました。
最後にカツラの巨木を観察した後記念撮影し、全員無事に下山しました。


天然林散策 アシウスギの説明
天然林散策
アシウスギの説明
三国コース 木を測るコース
三国コース
木を測るコース
水を測るコース カツラの巨木前で記念撮影
水を測るコース
カツラの巨木前で記念撮影

最終日は教員及び元技術職員による講義・実習が行われました。
芦生のくらしの未来についてや林内の集落跡地(灰野)での現場講義の後、フィールド科学教育研究センター長の白山教授から閉講挨拶があり、全日程が終了しました。
その後の昼食時にはお弁当と一緒に中根元技術職員から山菜の天ぷらが振る舞われ、いつもとは“ひと味”違った公開講座となりました。


酒井教授(情報学研究科)による『山の暮らしの未来』 中根元技術職員による『芦生のくらし』
酒井教授(情報学研究科)による
『山の暮らしの未来』
中根元技術職員による
『芦生のくらし』
灰野での現場講義 白山教授による閉講挨拶
灰野での現場講義
白山教授による閉講挨拶
昼食(山菜の天ぷら付き)
昼食(山菜の天ぷら付き)

この三日間は天候にも恵まれ、プログラムも当初の予定通り進行できました。
受講生の皆さん、スタッフの皆さん暑い中本当にお疲れ様でした。

ページトップへ
'10年度一覧へ



美山っ子グリーンワールド

平成22年7月27日

芦生研究林において美山町第4学年合同自然体験教室「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
この体験教室は美山町内5小学校の4年生が、町内児童の交流を深めるとともに、ふるさと美山の自然を体感し、 自然を愛する心を育てることを目的に毎年芦生研究林で行われています。 今年は例年にない猛暑日が続き、夏休みに入り前日まで川遊びなど少々お疲れの様子も見受けられましたが、 大カツラを目前にし、スイッチが入ったように好奇心旺盛となり、 私たちの説明を熱心に聞いてくれたりメモをとる児童が多く、スタッフにも熱が入りました。
暑さが応えているのか中だるみも生じましたが、途中、クマの越冬穴に入れる体験や木登りなどで元気を取り戻しました。
最後に由良川の最初の一滴を観察しましたがゴールの日本海が見られなかったのが残念だったようです。
でも全員最後まで元気に歩けました。私たちの方が、暑さにバテていたのかもしれませんね。


オオカツラの見学 樹木の説明中
オオカツラの見学
樹木の説明中
木の音が聞こえるかな? 穴の中で何か発見!
木の音が聞こえるかな?
穴の中で何か発見!

ページトップへ
'10年度一覧へ



芦生の森自然観察会 入門編 「春の森を歩きながら自然観察をしよう」

平成22年6月5日

もうすっかり芦生研究林の恒例イベントとなりました芦生の森自然観察会。
今回195名の応募の中から抽選で選ばれた21名の方々と共に由良川源流の上谷を歩きました。
毎回天候が心配される観察会ですが、この日は晴天で我々職員も安心して歩く事が出来ました。
また秋に自然観察会を開催致しますので、皆様からのご応募お待ちしております。


オオカツラで記念撮影 樹木の説明
オオカツラで記念撮影
樹木の説明
散策風景 熱心に耳を傾ける参加者の方々
散策風景
熱心に耳を傾ける参加者の方々

ページトップへ
'10年度一覧へ


2009年度

京都府立北桑田高等学校森林リサーチ科 校外学習

平成21年10月30日

京都府立北桑田高校の森林リサーチ科の1年生28人が校外学習で芦生研究林に訪れました。
長治谷作業所から三国峠までの道のりを、原生林の広葉樹の観察や、森林や樹木の理解を深めながら歩きました。
普段歩き慣れていない山に四苦八苦しながらも学ぼうとする姿が印象的でした。


原生林を散策 大カツラの説明
原生林を散策
大カツラの説明
ブナの木の下で記念撮影 終わりの挨拶
ブナの木の下で記念撮影
終わりの挨拶

ページトップへ
'09年度一覧へ



京都市立一橋・今熊野・月輪小学校 「芦生研究林自然体験学習」

平成21年10月29日

京都市立一橋小学校・今熊野小学校・月輪小学校の5年生が京都市教育委員会の 長期宿泊・自然体験推進事業の一環で研究林に来られました。
由良川源流を目指し、視覚・聴覚・触覚・嗅覚の四感(毒キノコなどが多いので 味覚はなし)をフルに活用して自然体験をしながら約3時間半かけて歩きました。
三つの小学校は長期宿泊の活動を合同で行っているそうで、 この体験学習を通して、より一層交流が進めば嬉しいです。


きれいな紅葉を目で楽しむ 水をあげる音が聞こえるの?
きれいな紅葉を目で楽しむ
水をあげる音が聞こえるの?
見つけたカエルを手にとって これがカツラの香り?
見つけたカエルを手にとって
これがカツラの香り?

ページトップへ
'09年度一覧へ



芦生の森自然観察会 入門編 「秋の森を歩きながら樹木観察をしよう」

平成21年10月24日

今年度2回目となる自然観察会を行いました。
今回も応募者が多数で、定員数20名を大幅に超える110名の応募がありました。
コースは春の自然観察会と同じ由良川源流域の上谷で、
@樹木を勉強する班 A気軽に森林内を散策する班 に分かれ歩きました。
今年行われたイベントは雨天続きで天気が不安でしたが、雨も降らず一安心でした。
今年度開催される自然観察会は今回で最後ですが、来年度も観察会を計画しておりますので、 是非みなさまご応募ください。


開会式の様子 大カツラの前で記念写真
開会式の様子
大カツラの前で記念写真
シカ柵の説明 樹木の説明
シカ柵の説明
樹木の説明
カシノナガキクイムシの説明 アシウスギの説明
カシノナガキクイムシの説明
アシウスギの説明

ページトップへ
'09年度一覧へ



舞鶴・丹後ネイチャーガイド養成講座

平成21年10月12日

舞鶴・丹後ネイチャーガイド養成講座の一環として、由良川の源流域である芦生研究林において自然観察の実践講座が行われました。
祝日でしたが、研究林の職員も5名参加し受講生の方や講師・OBの方と一緒に由良川源流域の上谷を歩きました。
それぞれ専門的な知識を持っている方が多く、様々な知識の交換ができ、充実した1日を過ごすことができました。


シカの食害について クマ剥ぎされたスギについて
シカの食害について
クマ剥ぎされたスギについて
森の歴史について 植物の特色について
森の歴史について
植物の特色について

ページトップへ
'09年度一覧へ



有田中央高等学校清水分校 森林体験学習

平成21年8月24日

和歌山県有田川町にある有田中央高等学校清水分校の生徒さん20名と引率の先生4名が、
一泊二日の野外体験学習の「森林ウォーク」参加のため芦生を訪れました。
このプログラムは、同校の総合的な学習の時間「SIMIZUタイム」/「ふるさと体験」の一環として、
毎年実施されているものであり、フィールド研の「和歌山研究林」をスタートに、
「芦生研究林」、「上賀茂試験地」を巡るコースです。
8月24日(月)のお昼過ぎに到着後、上谷の天然林の見学を行いました。
お天気にも恵まれ、芦生の自然を十分に堪能してもらいました。


ここが由良川の源流? 和歌山の森との違いを学習
ここが由良川の源流?
和歌山の森との違いを学習
巨大なトチノキの前で記念撮影 見よ!このバランス感覚!
巨大なトチノキの前で記念撮影
見よ!このバランス感覚!

ページトップへ
'09年度一覧へ



美山っ子グリーンワールド

平成21年7月31日

芦生研究林において美山町第4学年合同自然体験教室 「美山っ子グリーンワールド」が行われました。
この体験教室は美山町内5小学校の4年生が、町内児童の交流を深めるととも に、ふるさと美山の自然を体感し、自然を愛する心を育てることを目的に毎年芦生研究林で行われています。
研究林構内では、小雨が降っていましたが、観察が始まる頃には雨も上がって気持ち良い案内が出来ました。
私たちの説明を熱心に聞いてくれる児童が多く、スタッフにも熱が入りました。
途中、霧がかかり幻想的な風景の中で、クマの越冬穴や由良川の最初の一滴などを観察しました。
しかし、さすがに美山っ子! 最後まで元気に歩いていました。
私たちの方が、ちょっと疲れていたかもしれませんね。


開講式 注意事項の説明 熱心に説明に聞き入る児童
開講式 注意事項の説明
熱心に説明に聞き入る児童
クマの越冬穴に興味津々 霧がかかって幻想的な雰囲気に「もう少しだ頑張れ!」
クマの越冬穴に興味津々
   
霧がかかって幻想的な雰囲気に
「もう少しだ頑張れ!」

ページトップへ
'09年度一覧へ



第20回 緑の少年団全国大会

平成21年7月30日

第20回緑の少年団全国大会が7月29日−31日の3日間、京都府で開催され、 2日目の30日に92名の団員の皆さんが体験活動を目的として研究林に来られました。
あいにく雨模様となってしまいましたが、それでも皆さん頑張って由良川源流域の上谷を歩きました。
今回の体験活動を通じて今まで以上に自然への興味や関心を持ってもらえたのではないでしょうか。
職員一同も有意義な1日を過ごす事ができました。


はじめのあいさつ ホオ葉飯と夏野菜に舌鼓
はじめのあいさつ
ホオ葉飯と夏野菜に舌鼓
あ!モリアオガエルの卵! おっきい木が倒れてる!
あ!モリアオガエルの卵!
おっきい木が倒れてる!

ページトップへ
'09年度一覧へ



第19回 公開講座

平成21年7月24−26日

本公開講座も19回目となる開催となりました。
今回の受講者は35名で、それぞれ自家用車やJR園部駅から研究林のマイクロバスにて会場に集合し、 開始されました。
センター長の白山義久 教授の開講挨拶に続き、各教員による講義が行われました。 講義終了後、技術職員による「樹木識別入門」の実習が行われ、1日目の日程を終了しました。


白山センター長による開講挨拶 芝芦生研究林長による『芦生研究林の概要と芦生の森』
白山センター長による開講挨拶
芝芦生研究林長による
『芦生研究林の概要と芦生の森』
嵜元助教による『天然スギの生態』 中島講師による『森から流出する「ゴミ」と「栄養」』
嵜元助教による
『天然スギの生態』
中島講師による
『森から流出する「ゴミ」と「栄養」』
コ地准教授による『森から流出する「ゴミ」と「栄養」』 太田技術職員による『樹木識別入門』
コ地准教授による
『森から流出する「ゴミ」と「栄養」』
太田技術職員による
『樹木識別入門』
淺野技術職員による『検索表の使い方』 樹木識別実習風景
淺野技術職員による
『検索表の使い方』
樹木識別実習風景

公開講座2日目はあいにくの雨天となり、午前午後と共に予定を変更して行われました。
午前は「天然林内での講義実習」が行われ、予定したコースを短縮して森林の観察を行いました。
午後からの実習も予定を変更し、下谷コースを4班に分かれ観察しました。
実習を終え講堂に戻った後、水分析の実習を行い2日目の日程を終了しました。


林内実習へ出発 樹木の説明
林内実習へ出発
樹木の説明
シカ柵の説明 水分析の様子
シカ柵の説明
水分析の様子

公開講座3日目は予定を入れ替え行いました。
はじめに軌道沿いを歩いて灰野に向かい、芦生研究林 元職員 登尾二朗氏による「由良川本流沿いの自然と人の営み」が行われました。
灰野から講堂に戻り、山下洋 教授による「由良川の鳥瞰・魚瞰」が行われました。
講義終了後、吉岡崇仁 教授による閉講の挨拶が行われ、公開講座を終了しました。


軌道を歩く 登尾元職員による『由良川本流沿いの自然と営み』
軌道を歩く
登尾元職員による
『由良川本流沿いの自然と営み』
山下教授による『由良川の鳥瞰魚瞰』 吉岡教授による閉講挨拶
山下教授による
『由良川の鳥瞰魚瞰』
吉岡教授による閉講挨拶

受講生に記入していただいたアンケートには、「研究内容がどのように活用されているか知りたい」、「植物と動物の関係」といった実施メニューへの意見をいただきました。
他にも「疑問や色々聞きたい小さなことが沢山聞けた」、「講師の先生、技術職員の心配りがとてもうれしかった」等の意見もいただきました。
受講生の方々から記入していただいたアンケートは、今後の公開講座の運営にいかしていきたいと思っております。

ページトップへ
'09年度一覧へ



京都市立桂徳小学校 「芦生研究林自然体験学習」

平成21年6月3日

京都市立桂徳小学校の5年生が京都市教育委員会の長期宿泊・自然体験推進事業の一環で研究林に来られました。
由良川源流部である上谷を樹木の話や自然体験をしながら約3時間半かけて歩きました。
この体験学習を通して、自然の営みや命の大切さを学んでくれたのではないでしょうか。 職員も充実した1日を過ごすことができました。


研究林到着 樹木の勉強
研究林到着
樹木の勉強
木の診察中 クマ穴突入
木の診察中
クマ穴突入

ページトップへ
'09年度一覧へ



芦生の森自然観察会 入門編 「春の森を歩きながら自然観察をしよう」

平成21年5月30日

2006年から始まったこの観察会も今回で6回目となりました。
今回も多数の応募があり、当選者21名と一緒に由良川源流域の上谷を樹木等の話をしながら約3時間半かけて歩きました。
午前中はあいにくの雨模様でしたが、昼過ぎには雨が止み、林内は快適に歩くことができました。
芦生研究林では今後も観察会を行っていきたいと考えていますので、ぜひ皆さんもご参加ください。


オオカツラで記念写真 樹木の説明
オオカツラで記念写真
樹木の説明
杉尾峠で記念写真 皆さんお疲れ様でした
杉尾峠で記念写真
皆さんお疲れ様でした

ページトップへ
'09年度一覧へ

FSERC FSERC
Field Science Education and Research Center
Kyoto University
Ashiu Forest Research Station
Copyright(C) 2003-2015 Kyoto University FSERC.All Rights Reserved.