FSERC, Kyoto University, Ashiu Forest Research Station
風景/芦生研究林
トップ
概況・施設
教育
研究
アクセス
スタッフ
リンク
概要印刷

研究

本研究林では、多くの森林に関する研究が行われている。その主なものは、動・植物の生態や分類に関するもの、林業や林産業に関するもの、気象や地形など自然環境に関するものなど多岐にわたっている。この他に学内外の研究者が本研究林と行う共同研究や研究者が独自に行う研究が進められている。詳細は「京都大学で行われた試験研究目録 第1号(1968) 第2号(1980) 第3号(1990) 第4号(2000) 第5号(2009)」を参照のこと。

現在まで本研究林が主体的に取り組んできた研究を以下に示す。

  1. 天然林の再生機構と林分構造の発達および維持機構に関する研究

     天然林の利用や保全などの森林管理法を確立するためには、天然林の更新や林分構造の発達・維持機構を明らかにする必要がある。そのため、様々な天然林に多くの固定調査地を設定し、長期にわたり森林の動態調査を続け、資料の解析を進めている。
  2. 森林の環境保全機能に関する研究

     芦生は由良川の最源流部に位置し、森林集水域研究が可能な地形を有している。この地の利を活かして、世界的にみても数少なくなった温帯の原生的な天然林に水土保全、物質循環をはじめとする環境保全機能を長期的にモニタリングし、解析・評価する研究を行っている。
  3. 森林の生物的要因や気象要因による被害の解析とその防除法に関する研究

     ツキノワグマ、ニホンジカなどの大型動物による食害などの生物的被害や台風、豪雨、積雪による気象害は、林業において回避できない被害であり、森林に多大な影響を及ぼす。これらの被害の発生状況、発生機構の調査、解析を行い、その防除法等について検討を行っている。
     2002年には本研究林内でカシノナガキクイムシによる森林被害が発生し、その対策と防除法の研究が始められている。
  4. 人工林の育成および収穫技術に関する研究

     木材資源の効率的かつ安定的な供給を確保するためには、それぞれの地域の自然条件や社会的条件に適応した生産システム・利用システムの確立が必要になる。そのため、生産目標の設定から造林、保育、収穫までの基礎的および応用的試験を行っている。
  5. 森林の多目的利用と森林情報の処理に関する研究

     森林が持つ多様な機能の活用とその保続を考慮した森林管理計画を立案するためには、森林についての様々な情報を正確かつ効率的に活用できる体制の確立が必要である。森林情報の収集処理システム、人間の利用による原生的な自然への影響評価法、森林の適切な管理計画の確立を目指した研究を行っている。

センターの森林系ステーションでは、2003年度より研究プロジェクトを立ち上げ、共通の研究課題について研究を進めている。これらは、森林生態系・森林環境系・森林資源共存系の3つの部門からなり、それぞれの大課題について、中課題、小課題が設定され、本研究林においても具体的な研究が始められている。

研究情報

試験研究目録

研究紹介