海域陸域総合管理学研究部門

教育

海域陸域統合管理学研究部門では、全学共通科目として提供している「森里海連環学」、「沿岸環境保全学」、「森林学」、「水圏生物学入門」、そして実習科目である「森里海連環学実習」など、海域と陸域の統合管理に関連する科目をいくつかマネージメントしています。

これに加えて、より最新の研究に根差した学術的知見に関する意見交換の場を設けるという意図をもって、2008年11月から、「海域陸域統合管理学セミナー(ICMセミナー)」を毎月1回の頻度で開催しています。このセミナーは、教員・研究員、院生・学部生を問わず、また文系・理系を問わず、多様な人々が自発的に参加し、各自の学術研究の成果を吟味し合い、自由闊達に意見交換して、「海域陸域統合管理学」という新たな学問領域を開拓していくものであります。(詳細はこちら)

全学共通科目

  2011年度の授業はすべて終了いたしました。(2011/09/30)
  なお、2012年度は「水圏生物学入門」を後期に開講する予定です。

2011年度前期


PAGETOP