海域陸域総合管理学研究部門

構成員紹介

特任教授 向井 宏

特任教授 向井 宏
フィールド科学教育研究センター
海域陸域統合管理学研究部門 特任教授

1.研究分野(過去、現在、未来)

広島大学では卒業研究に動物プランクトンの研究をし、大学院修士課程でガラモ場の葉上動物群集を研究、博士課程では泥底の二枚貝の生産生態学を研究しました。東京大学海洋研究所に就職して深海の動物たちも覗きましたが、自分で潜って見えるものの方が性に合っていると思い、浅海の藻場の研究を始めまし た。北海道大学厚岸臨海実験所に移ってから、森と海の関係に注目して研究を始めました。現在はこれまでの研究のまとめを行い、成果を社会に還元することに主眼をおいている。

1)海草藻場(アマモ場)の生物群集
(ア)海草の生長様式と生長・生産速度の研究
(イ)アマモ場の分布と現存量(環境省のモニタリング1000プロジェクトでも調査に参加している)
(ウ)海草上に生息するモエビ類の共存に関する研究
(エ)葉上動物群集の地理的変化と群集の組織化についての研究
(オ)熱帯海草藻場の生産力に関する研究(オーストラリア、パプア・ニューギニア、フィジー、タイなど)
(カ)海草による環境浄化作用の研究
などをやってきました。これからもアマモ場の研究と保全活動には関わり続ける予定です。

2)ジュゴンの生態
この研究は、(1)のアマモ場の研究と関連した研究で、ジュゴンは海草だけを専食する動物であり、絶滅が危惧されている。ジュゴンの保全のためには、海草藻場の保全が必須であり、海草藻場の保全には陸上生態系の利用をうまく管理することが必要であり、(3)とも関係しており、また、(4)のテーマとし ても象徴的な意味を持っていると考えている。

3)陸上生態系と沿岸生態系の相互作用についての研究
(ア)北海道厚岸水系における陸域の利用形態と河川を通して沿岸の汽水域(厚岸湖)に与える影響を調べてきた。利用形態の違う流域を持つ別寒辺牛川の三つの支流の河口で1年以上にわたって、流量と有機物・栄養塩含量を測定し、流入した物質が厚岸湖でどのような物質循環をしているかについて明らかにした。また、大雨が降り始めた後、1週間ほど河口部での測定から、厚岸湖への物質流入パターンの違いと厚岸湖での物質循環経路(生態系の反応)の違いを明らかにした。数値シミュレーションによってもその結果を説明することができた。
(イ)上記(ア)の研究を通して湿原が持つ重要性を認識した。そのために、湿原における窒素の動態を調べるために、年間を通した湿原水の測定と植物量を調べ、湿原の持つ役割を研究している。
(ウ)さらに、陸と海の関係を調べるために、アムール川−オホーツク海プロジェクトや、北方四島の調査に参加した。

4)海域陸域統合管理の研究
沿岸の生態系を理解するためにも環境を保全するためにも、陸上生態系をどのように利用していくかを考えることが求められている。沿岸や湿地帯の保全を目指すラムサール条約では、「賢明な利用」が求められ、生物多様性条約では、「持続可能な利用」が要求されている。沿岸を考えるためには陸をどうするか、 総合的な流域管理が必要であり、それをどうしていくかを考えるのが、私が属する海域陸域統合管理学研究部門の課題である。言うは易く行うは難し。一緒に考えましょう。

2.好きなもの、趣味

好きなもの:手つかずの自然、人のいない風景、野生の花、紅茶、美人。嫌いなもの:酒、煙草、肉、ゴルフ、美人。山と温泉が趣味。海に潜って生き物と戯れるのも趣味の一つですが、もっぱら仕事で潜っているので、趣味では山に登っています。これまでに登った山の数は延べ約450座。そのうち日本百名山は現在54座。これまで入った温泉は約370カ所。延べにすると1000回は超えそうです。休みには山へ出かけたいのですが、関西は山と温泉に恵まれず、ちょっと残念。

3.その他

研究をする中で海の環境がきわめて悪くなってきていること、しかも陸における人間の所業が海の生き物に悪影響を与えているにも関わらず、陸に生きる人はまったく加害者意識がないことにいらだちを覚え、北大を定年退職後「海の生き物を守る会」という団体を立ち上げて、全国の海岸で観察会・講演会・シンポジウム・砂浜生物調査などの活動を行ってきました。今後もこの活動を続ける予定ですが、忙しくなってきたこともあり、いっしょに活動をしてくれる人を探しています。また、研究その他でいつでも部屋に訪ねてきてください。誰でも大歓迎。また、お酒はだめですが、お茶を飲みに行こうと誘っていただければいつでも出かけます。誘ってください。


業績リストはこちら

PAGETOP

特定准教授 佐藤 真行

フィールド科学教育研究センター
海域陸域統合管理学研究部門 特定准教授

1.研究分野:環境経済学

人間の経済行動と環境問題の関連に関心をもち、学生時代は経済学部で環境経済学を修めました。自然破壊を始めとする環境問題の多くは、人間の経済行動や経済発展に起因することが多いです。とはいえ、経済発展それ自体は人間社会にとって悪いことではありません。特に貧困の解消は、経済学が取り組むべき重要な課題のひとつです。悪いのは、自然環境をまったく考慮しない点にあります。経済発展と自然環境の健全なる両立には、少なくとも、経済的意思決定において自然環境や生態系サービスの価値を考慮する必要があります。こうしたことから、学生時代の研究テーマとして、環境の経済評価と経済主体の行動について考えてきました。大学院を修了してからは、地球環境学堂に移り、2008年9月まで京都サステイナビリティ・イニシアティブ(KSI)で持続可能性について考えました。環境破壊型の経済発展は遠からず破綻する、ならばどのような発展型が持続可能なのか。難問ですが、人工資本だけでなく、自然資本(資源や生態系サービス)、人的資本、知識資本、といった人間福祉(Human Well-being)の源泉たる諸資本を統合的に管理していくことが求められます。

本講座は、海域の自然資本と陸域の自然資本を統合的に管理することを目指します。「管理」には、社会経済的な影響もふまえなければならないため、海域陸域統合管理には自然科学的視点だけでなく社会科学的視点の統合も必要です。統合的管理によって、人間にとっても、自然にとっても、持続可能でよい状態を 作り出せればと思います。

1) 環境の経済評価
自然環境や生態系サービスなど、市場で取引されないもの、市場価格をもたないものについては、意識的に評価し、価値付け、経済主体の意思決定に反映させていかないと市場はうまく機能せずに失敗します。環境経済学における環境評価論分野では、こうした環境や生態系サービスなどの価値について定式化し、経済的に評価できる部分を定量化し、経済的意思決定に役立てます。

主なテーマ

  1. 自然資本のシャドウ・プライスの推定
  2. 公共政策プロジェクトの費用便益分析
  3. 不確実性下での評価と予防的アプローチ

2) 選択行動の分析
人間の経済的価値評価は選択行動に現れます。AもBも選べるのにAを選んだということは、その人はAのほうをBよりも高く評価したことを意味します。経済学的評価では、こうした個人の選択行動の合理性を前提とします。しかしながら、この前提は常に妥当でしょうか。選択行動の不安定性と非合理性につい て、特に情報処理の観点から研究しています。

主なテーマ

  1. 情報過負荷現象の分析
  2. 環境評価における認知心理的影響の分析
  3. 環境問題下の消費行動の分析

3) 持続可能な発展
これまでの経済発展は、もっぱら国内総生産(GDP)に代表される経済指標に着目し、GDPの増加が目指されてきました。経済成長とはGDPが増加することを言います。しかし、GDP成長の裏面では深刻な環境破壊や世代内ならびに世代間の不平等問題が生じています。このようなGDP発展は持続可能でもないし、望ましいものでもありません。それではGDPに代わってどのような指標に着目すればよいのか。いろいろな指標が提案されていますが、手始めの研究 として、ジェニュイン・セイビング(Genuine Saving)と呼ばれる指標を分析しています。

主なテーマ

  1. GS成長の計量経済分析
  2. 成長経路の安定性に関する経済モデル分析
  3. 環境評価手法の援用による富推定精度の改善

2.好きなもの、趣味

自由時間は気まぐれに不特定のいろいろなことをして過ごしていますが、深刻な運動不足に危機感をもって、最近テニスを再開しました。私には、高校時代では庭球部の主将を務めるほどマジメに練習した過去があるのですが、現在の技術と体力の衰えはその影を微塵も感じさせないほどです。ヘタの横好きですが、 なるべく練習して、技術と体力の向上に努めます。

3.その他

研究室は旧演習林事務室にありますが、寒いです。私の研究や海域陸域統合管理プロジェクトに興味のある方はぜひ研究室に、暖かい格好でお越しください。


業績リストはこちら

PAGETOP

教務補佐員 安佛 かおり

フィールド科学教育研究センター
海域陸域統合管理学研究部門 教務補佐員

この4月にICMに来ました。専門は河川生態系の物質循環です。院生時代は滋賀県立大学で、びわ湖を眺めながら、木津川の砂州に通い、伏流水とたまりにおいて栄養塩など生元素化合物の動態を研究しました。一般的に浄化作用と言われているもののメカニズムを明らかにしようと始めたものですが、たまりや植生の存在が伏流水中の物質循環過程に影響していることがわかり、景観的要素と生態的機能との関係や河川という変動の大きな環境の中でそれがどのように機能しているかに興味がわきました。
砂州の中に関わらず、物質が水の流れとともに動き、いろいろな生物や非生物的作用を受け、また逆に作用を及ぼしてその場の生態系を支えて下流へと流れていく、というところに河川生態系の物質循環のおもしろさを感じています。
ここに来る前は、名古屋大学で「伊勢湾流域圏の自然共生型環境管理技術開発」というプロジェクトに関わっていました。出身が滋賀県なので流域管理という言葉はなじみのあるものでしたが、このプロジェクトで、一口で「流域圏管理」と言ってもいろいろな立場や視点で議論されていることに気づきました。今回、海域陸域統合管理研究部門で統合的な沿岸域管理というものに挑戦することになりましたが、陸と海のつながりはあるとして、それが本質的にどういうものなのか、統合的に管理するって何をすればよいのか、いろいろとわからないことばかりです。ここでいろいろと吸収してじっくり考えを築いて行きたいと思っています。河川は陸と海を繋ぐ通路ですし、河川を見てきた自分なりのエッセンスが加えられれば、と思っています。


業績リストはこちら

PAGETOP

事務補佐員 麻生 佳穂里

フィールド科学教育研究センター 海域陸域統合管理学研究部門 事務補佐員

麻生 佳穂里(あそう かほり)です。
京都生まれの京都育ちです。
海域陸域統合管理学研究部門の事務補助をしています。
どうぞ宜しくお願い致します。

PAGETOP

ティーチング・アシスタント

中村 真介(農学研究科D2)

農学研究科森林科学専攻に在籍しています。TAとして講義のサポートやWEBページの更新などに取り組んでいます。

「 蘭珠(地球環境学舎D1)

京都大学地球環境学舎というところで勉強しています。TAとして講義のお手伝いやWEBページの更新を行なっています。

PAGETOP

過去の構成員たち

教務補佐員(2009〜2010年度)  エミリー・アントニオ

1.研究分野
底生生態学、物資循環と食物網解析、海域陸域連環学、河川・河口生態学、統合沿岸管理学、ジュゴンと海草類の保全
2.経歴
1996年6月〜1997年5月:ミンダナオ州立大学イリガン工科校 教務補助
1999年9月〜10月:ミンダナオ州立大学ナアワン校 教務補助
1999年11月〜2000年5月:農業省漁業水産資源局 水産学技術スタッフ
2000年6月〜2003年5月:アテネオ大学ダバオ校 講師
2003年6月〜2005年6月:南フィリピン農業海洋技術大学(SPAMAST) 講師
2005年7月〜9月:ダバオ州立大学 講師
3.学歴
理学士(生物学):ミンダナオ州立大学イリガン工科校
理学修士(海洋生物学):ミンダナオ州立大学イリガン工科校
農学博士:京都大学大学院農学研究科

 

業績リストはこちら

教務補佐員(2008年度)  杉本 亮

ティーチング・アシスタント(2010年度)

 井上 晃一(公共政策教育部M2)

 長谷川 智史(公共政策教育部M2)

 竹内 淑恵(公共政策教育部M2)

 伊吹 信一郎(公共政策教育部M2)


PAGETOP