森里海連環学教育研究ユニットを開設

2018年4月1日、学際融合教育研究推進センターに「森里海連環学教育研究ユニット」を開設し、事務を担当する「森里海連環学教育研究ユニット事業推進室」を設置しました。森里海連環の健全性を評価し、生態系が劣化するメカニズムを理解するところから、その連環の修復方法を提言する研究プログラム「森里海連環再生プログラム(Link Again Project)」を実施します。また、これまで5年間開講してきた森里海連環学教育プログラムを継続して実施します。学内の連携部局は、フィールド研と大学院農学研究科、地球環境学堂・学舎、人間・環境学研究科に加え、生態学研究センター、総合生存学館の6部局となりました。共同研究には、北海道大学、国立環境研究所などの研究者も参画します。ユニット長には山下洋教授が就任し、研究プログラム長は伊勢武史准教授、教育プログラム長は吉岡崇仁教授です。2012年度から3期6年活動してきた「森里海連環学教育ユニット」および「森里海連環学教育ユニット支援室」は、本ユニットおよび事業推進室に発展継承されました。