北海道教育大学釧路校 山岳生態学実習


【標茶】2017.07.11~13にかけて、北海道教育大学釧路校の山岳生態学実習が行われ、12名の学生が参加しました。手持ち網を使った水生生物の採取、センサーカメラを用いた野生生物の撮影、足跡や糞で動物を特定する調査などが行われました。採取した水生生物は持ち帰って同定作業を行いました。同定結果は主にアメマスでしたがヤマメ、カジカ、スナヤツメなども採取できました。足跡や糞の調査ではエゾシカ、クロテン、ミンク、キツネ、タヌキ、ヒグマの痕跡が見つかりました。今回の実習は学生たちにとってフィールドでの動物の観察・調査方法を学ぶ良い機会になったと思います。  

カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。