研究

標茶区と白糠区は異なる特徴をもつ森林を有し、表裏一体の存在として様々な研究を行っています。両区で長期間に渡って蓄積された森林に関する情報は比較分析と検証に供されており、この地域における適正な森林管理手法を導き出す上で重要なものとなっています。

【研究課題】

フィールド科学教育研究センターでは、2003年よりプロジェクト研究として「温帯域の森林生態系の解明と保全管理法の開発(生態系)」「森林流域系の環境保全機能の解明(環境系)」に取り組んでいます。

このほか、北海道研究林では森林の動態、樹木フェノロジー、種子の豊凶、気象、酸性降下物、水文、野生動物といった各種モニタリングに加え、カラマツやトドマツといった人工林の施業試験を行っています。

また道東に所在する数少ないフィールドであることから本学のほか他大学や他機関の研究者にも森林・林業等の研究の場として利用されています。

北海道研究林を利用して行われた研究目録

利用区分

各種参考林および調査区一覧
標茶区参考林等 設定年 白糠区参考林等 設定年
1 湿性林 1985 1 大径木伐採後の天然林動態調査区 1991
ヤチダモ中径木の動態調査区 1985  2 トドマツ樹下植栽試験林  1975 
3 シウリザクラ保存林 1985 3 天然林動態調査区  1985 
4 台地上におけるうっ閉(閉鎖)林 1985 4 天然林蓄積調査区  1976 
5 低み地形に展開する林相 1985  5 天然林成長量追跡試験地  1978 
6 ヤチダモ小径木と択伐後の樹木動態 1976  6 天然閉鎖林における成長量調査区  1990 
7 帯状伐区周辺の動態調査区 1989  7 台地上の湿地の天然林  1990 
8 ミズナラ・カシワ林 1985  8 カラマツ樹下における樹種別植栽試験林  1989 
9 アカエゾマツ産地別試験林 1978  9 クロエゾマツ植栽試験林  1985 
10 シカ害防除試験林 1985  10 皆伐跡地における更新試験地  1997 
11 カラマツ間伐試験林 1982  11 プロジェクト研究  2003 
12 外国産針葉樹の植栽試験林 1967       
13 ヤチダモ・トドマツ・トウヒ密度試験林 1955       
14 カラマツ・ヤチダモ混植試験林 1956       
15 プロジェクト研究 2003       
16 皆伐跡地における更新試験地 2010       

コメントは停止中です。