利用・申請方法

 徳山試験地を、研究、実習、見学(10人以上の場合)、取材等の目的で利用する場合は、「徳山試験地利用要項」にしたがって、 試験地事務所で利用申請を行う必要がある。

申請方法

 以上の要領で申請を行った後、試験地長の利用許可を受けて初めて、利用が可能になる。(利用許可証が発行される)
 申請手続きのために試験地事務所に来る場合には、事前に電話・メール等で必ず試験地事務所に連絡し、訪問時刻等について打ち合わせをすること。 受付時間は、原則として火・水・木曜日の午前8時30分から午後4時30分までとする。

 申請に必要な書類はこちらからダウンロードできる。  利用を希望される方は、まず「利用要項」をクリックし、内容を確認した上で、 各自必要な書類をクリックし、保存または印刷して利用する。

申請用書類 ◆2017年4月より、様式が新しくなりました

利用上の注意

【入林簿の記入】

 入林の際には、その都度入林簿に、日付、代表者氏名、住所、入林者数を必ず記入すること。

【注意・禁止事項】

【個人情報取り扱いに関する基本方針】

 入林簿・利用申請書および添付名簿に記入された個人情報については、京都大学フィールド科学教育研究センター徳山試験地での業務にのみ使用され、万一の災害や事件・事故の場合、および所轄官庁からの請求を受けた場合を除き、第三者に開示・譲渡または貸与される事はありません。
 個人情報の取扱いについて、適宜その改善に努めます。

 なお、火・水・木曜日以外の入林は原則として認めない。やむを得ず入林を希望する場合は、事前に試験地事務所に連絡し、 許可を受けなければならない。この場合、原則として徒歩のみの入林とする。
 その他利用に関する詳細な内容については、「利用要項」をよく読み、 不明な点があれば、 試験地事務所まで問い合わせること。