カテゴリー
フィールド

アライグマの生息を初確認

アライグマ【標茶】林内に仕掛けておいた自動撮影カメラでアライグマが撮影されました。

標茶区での確認は今まで報告がないので初めてと思われます。

アライグマは本来日本に分布しない種なのですが、ペット用などで輸入された個体が各地で繁殖して問題となっています。

アライグマ自身には罪はないのですが、今後の動向を注視していく必要がありそうです。

カテゴリー
フィールド

積まれた丸太、山の如し

【標茶】請負で進められていた間伐が終了し、今日はカラマツ丸太の検収をしました。

一週間前にはなかった場所に突如、山のように丸太が積まれ、辺りの雰囲気が一変しました。

一本一本太さを測るのですが、漏れがないか注意が必要です。

カテゴリー
フィールド

山も歩けば

株立のカツラを調査株立のカツラ


【白糠】秋は固定標準地の調査が集中します。

普段足を踏み入れる機会の少ない場所にも行くこともあり、新たな発見もしばしば。

白糠の天然林ではカツラはよく見られますが、この日は根元がアーチ状に抜けている株立ちのカツラを見かけました。以前にあった太い親木が枯れて周りが残ったのでしょうか。

長い時間をかけてできた森の造形には驚かされます。

カテゴリー
フィールド

モミジと鹿

赤く色づいたオオモミジ自動撮影カメラをしかけるとシカの写真には困らなくなりました


【標茶】山は紅葉で色づいています。黄色や橙色に紅葉する木がほとんどなので、真っ赤なオオモミジがひときわ目を引きます。

モミジと言えば、鹿でしょうか。
花札や肉でおなじみの組み合わせですね。
自動撮影カメラに写っていました。

奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の
声きく時ぞ 秋はかなしき     猿丸太夫

エゾシカも冬毛に生え変わり、まもなく訪れる長い冬の準備をしています。

カテゴリー
未分類

生命のリレー

折れたアサダアサダの種子


【白糠】林道脇に種子を大量につけたアサダがありました。

近くで見ると、途中で折れていました。枯れてはいませんでしたが、相当のダメージを受けている様子。

枯れる前に子孫を残すため、最後の力を振り絞って花をつけたのでしょうか。