人工知能に「これはペットボトルですよ」と教えてます(教師画像用の写真を撮影中)

人生、上を向いて歩きたい。と考えていますが、最近は下ばかり向いています。落ち込んでいるのではありません。人工知能の教師画像を作成しているのです。現在、身近な海ごみのひとつであるペットボトルを人工知能で識別できるようチームで取り組んでいます…

Re:connect リコネクト 京都大学森里海連環学さんの投稿 2020年6月29日月曜日

潜水調査の貴重な映像を公開します

5月14日、音海(福井県高浜町)での潜水調査で村上弘章特定研究員が撮影した映像をyoutubeで公開中。スキューバの規則的な音やさまざまな海中生物の姿に癒されます。環境DNA分析のために採水バッグに海水を入れて保存する様子、海中で水温を記録する様子も要チェック! 見どころはイソギンチャクに食べられるオワンクラゲなど。

砂浜に捨てられたプラごみのデータを取りにきました

現在、海洋に流出するプラスチックごみが世界的な問題になっています。日本でも7月からレジ袋の有料化が始まりますね。最近、買い物に行くたびに「有料化が始まります」のポスターをよく見かけます。私たちのチームでは、海洋ごみの問題に最新の情報科…

Re:connect リコネクト 京都大学森里海連環学さんの投稿 2020年6月8日月曜日

Webのカバー写真は京大で撮りました

欝蒼たる樹々が囲むのは、農学部やフィールド研の入る建物@京大北部構内。森の中の祠は芦生研究林の中山神社。カマキリも見かける木造平屋は森里海連環学ユニットの会議室などがあるところ。

芝田研究員が 2019年度日本地理学会賞ー優秀論文部門ーを受賞

 受賞論文は、「ナミビア北東部ブワブワタ国立公園における住民の生業活動と植生の関係」地理学評論,第91巻第5号
 
 これまで地理学の視点で、自然と人との相互作用性や共生の在り方について研究業績を重ねてきた芝田篤紀研究員。今年度から本ユニットに参加し、人工知能による深層学習など最先端科学技術を用いた手法も加え、地球環境問題の解決に資する新たな研究に着手しています。
 今後について、芝田研究員は「地理学を学び、実践するなかで培ってきた地球環境に対する「総合的・俯瞰的」な研究姿勢を活かしながら、ユニークかつ意義のある成果が出せるよう精進してまいります。」と抱負を語っています。

 (以下、受賞の講評を地理学会のHPから引用します)

“芝田研究員が 2019年度日本地理学会賞ー優秀論文部門ーを受賞” の続きを読む