森里海のつながり学ぶ

地形による植生の違い、土壌の違いを観察しましたこれぞ北海道


森林域の河川に棲む生物を観察しました動物はやはり学生の反応が抜群です


【標茶】8月27日から9月2日にかけて北海道研究林標茶区と北海道大学北方生物圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所で、京都大学と北海道大学合同の森里海連環学実習が行われました。

下流に向かうにつれ森林、牧草地、湿原と土地利用が変化する別寒辺牛川流域を、植生、土壌、水質、動物といった様々な視点で観察しました。

1年生が多く、野外調査が初めてという学生もいたのですが、チームワークを発揮してたくさんの実習をこなしていました。

カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントは停止中です。