2018年度 研究林実習Ⅳ


【標茶】3/17~23にかけて、京大農学部の研究林実習Ⅳが行われました。参加学生は14人で、教職員がほぼマンツーマンで実習を行うことができました。

スノーシューや山スキーを履いて冬季の樹木と自然観察、トドマツのシカ害防除、積雪断面調査、天然林毎木調査、冬芽テストを林内で行ったほか、製材工場、精油加工プラント、阿寒摩周国立公園地域の見学も行いました。

後日、学生たちの感想を読んでいると、慣れないスノーシューや山スキーを履いてフィールドワークを行ったことや、木材の加工・利用の現場を間近で見学できたこと、夏の実習と比べて冬の自然環境に驚いたことなど、それぞれのメニューに印象に残るポイントがあったようでした。実習が終わってしまうのが名残惜しかったという言葉もあり、実施者として非常に喜ばしく、これからも有意義な実習を継続していこうという励みになりました。

カテゴリー: 未分類 タグ: , , パーマリンク

コメントは停止中です。