投稿者「hokuen」のアーカイブ

2018年度 森里海連環学実習Ⅱ

【標茶】2018.9.3~9に森里海連環学実習Ⅱが実施され、京都大学から11名、北海道大学から9名の学生が参加しました。この実習は京都大学と北海道大学の共催であり、前半は京都大学北海道研究林、後半は北海道大学厚岸臨海実験 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | 2018年度 森里海連環学実習Ⅱ はコメントを受け付けていません。

2018年度 研究林実習Ⅲ 夏の北海道

【標茶・白糠】2018.8.23~30にかけて「研究林実習Ⅲ 夏の北海道」が行われ、京都大学農学部の学生14名が参加しました。 カラマツの植栽と間伐、天然林毎木調査、昆虫群集調査、道東地域の土壌断面調査、西別岳登山を予定 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 2018年度 研究林実習Ⅲ 夏の北海道 はコメントを受け付けていません。

2018年度 ILASセミナー:北海道の森林および公開森林実習Ⅱ開催

【標茶】8/6~9に、ILASセミナー・公開森林実習Ⅱ(併催)が行われ、京都大学(12人)と他大学(京都府立大学:2人 東京農業大学:1人 北海道大学:1人 龍谷大学:2人)の学生計18人が参加しました。 またこの期間中 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 2018年度 ILASセミナー:北海道の森林および公開森林実習Ⅱ開催 はコメントを受け付けていません。

2018年度 沼幌小学校木工教室

【標茶】6月27日、生徒数17人の沼幌小学校を迎えて、木工教室を開催しました。 低学年向けには丸太のコースターとペンダント、高学年向けにはペン立てと竹箸というメニューを用意し、木材も様々な種類を揃えてみたので、子供たちは … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | 2018年度 沼幌小学校木工教室 はコメントを受け付けていません。

シウリザクラの芽吹き

【白糠】ようやく森の木々が芽吹き始めました。 それぞれの木に個性があって面白いのですが、ピンク色の花が咲いたようなシウリザクラの芽鱗が特に目を惹きます。柔らかな色合いの新葉と相まって、個人的には花期よりも華やかだと思うシ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | シウリザクラの芽吹き はコメントを受け付けていません。

早春

【標茶・白糠】フクジュソウ(左)とキバナノアマナ(右)4月になってもまだまだ寒い日が続き、いつになったら春が来るのかと思ってしまいますが、足下からひっそりと、しかし確実に季節は進んでいるようです。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , , | 早春 はコメントを受け付けていません。

2017年度 研究林実習Ⅳ 冬の北海道

【標茶】2/19~25にかけて、「研究林実習Ⅳ 冬の北海道」が行われ、農学部の学生16人が参加しました。 本実習は厳冬期の北方系の森林や林業、自然環境について学ぶことを目的とし、樹木識別、毎木調査、エゾシカ防除、工場見学 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | 2017年度 研究林実習Ⅳ 冬の北海道 はコメントを受け付けていません。

しべちゃアドベンチャースクール(2017年度)

【標茶】1月20~21日、標茶町社会教育事業のしべちゃアドベンチャースクールが開催されました。小学生26人と高校生リーダー14人が参加し、「冬の野外活動」というテーマでプログラムを行いました。 今年は、イベント当日の時点 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | しべちゃアドベンチャースクール(2017年度) はコメントを受け付けていません。

カラマツ造林地現地検討会

    【標茶】2017年12月5日に、北海道研究林標茶区のカラマツ造林地の将来計画を作成するための現地検討会を行った。 教員と技術職員全員が参加してカラマツ造林地を見て回り、今後どのような管理を行うべきか、様々な意見を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | カラマツ造林地現地検討会 はコメントを受け付けていません。

京大ウィークス2017 「自然観察会」

【白糠】10月21日、京大ウィークス関連イベントであるミニ公開講座「自然観察会」を開催しました。  一般参加者10名を迎えて、白糠区天然林で解説を行いながらゆったりと散策をしました。 今年は冷え込みが早く、標茶区の森では … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | 京大ウィークス2017 「自然観察会」 はコメントを受け付けていません。