カテゴリー
フィールド

小面積皆伐を行いました

【標茶】標茶区で小面積皆伐を実施しました。今年度は52年生のカラマツ人工林0.55haの皆伐を直営で行い、約1600本・約150m3の丸太を生産しました。
作業手順はチェーンソーで伐倒・枝払い後、グラップルで作業道まで木寄せし、土場まで林業用トラクタで地引き集材しました。土場では、チェーンソーで造材した後に、フォークを取り付けたペイローダーやグラップルではい積みを行いました。
来年度はこの伐採跡地で植付けの学生実習も行われる予定です。

カテゴリー
フィールド

冬の仕事

検収作業毎木調査
【標茶】雪にも負けず、現場作業をこなします。

カテゴリー
イベント フィールド

植樹祭へ参加

記念撮影

 

 

 

 

 


【標茶】標茶町の植樹祭に参加しました。手前側の三人は北海道研究林の教職員です。

オオヤマザクラやミズナラ等を植栽しました。

動物害や気象害に負けないで無事に大きく育ってほしいものです。

終了後みんなで記念撮影をしました。

カテゴリー
フィールド

積まれた丸太、山の如し

【標茶】請負で進められていた間伐が終了し、今日はカラマツ丸太の検収をしました。

一週間前にはなかった場所に突如、山のように丸太が積まれ、辺りの雰囲気が一変しました。

一本一本太さを測るのですが、漏れがないか注意が必要です。

カテゴリー
フィールド

溢れんばかりの緑

緑がまぶしすぎます【標茶】夏らしい天気が続いた7月最終週。連日の草刈作業に勤しみました。

写真はカラマツの造林地での下刈り作業です。苗に光が当たるようにササを刈るのですが、去年植えた苗はすっかり隠れてしまってました。写真中にも2名ほどいるのですが、どこにいるのか分からないほどです。

緑には癒しの効果があるとかいう話もありますが、終わる頃にはすっかり疲労困憊でした。

カテゴリー
フィールド

クリーンラーチを植栽

クリーンラーチ植栽【標茶】炭素固定能が優れた品種として北海道が開発した、「クリーンラーチ」を植栽しました。
 クリーンラーチはカラマツとグイマツとを交配して開発されたもので、北海道に広く造林されているカラマツよりも炭素固定能が7-20%高く、木材生産や二酸化炭素吸収等、伐期を迎えつつあるカラマツに替わる造林樹種として期待されています。
 今後、カラマツや従来のグイマツF1と比較する試験を北海道林業試験場と行う計画です。冬場の土壌凍結やエゾシカの食害など厳しい環境の標茶ではどのような結果となるでしょうか。楽しみではありますが結果が出る頃にはスタッフもすっかり入れ替わっているかもしれません。