研究

 本研究林では、多くの森林に関する研究が行われている。その主なものは、動・植物の生態や分類に関するもの、林業や林産業に関するもの、気象や地形など自然環境に関するものなど多岐にわたっている。この他に学内外の研究者が本研究林と行う共同研究や研究者が独自に行う研究が進められている。詳細は芦生研究林利用成果物一覧(1930-2020)、「京都大学で行われた試験研究目録 第1号(1968) 第2号(1980) 第3号(1990) 第4号(2000) 第5号(2009)」を参照のこと。 現在まで本研究林が主体的に取り組んできた研究を以下に示す。  

研究林で行われている主な研究

生物相と生態の解明

 アシウスギ、アシウアザミ、アシウテンナンショウなど新種・新変種として芦生研究林で初めて記載された種は58種に上る。2019年には北近畿初記載となる着生ランのフガクスズムシソウが見つかっている。遺伝的多様性の面から本研究林内の個体群の評価も進められている。環境DNA・AI等の手法も活用し、植物・菌類・脊椎動物・無脊椎動物・微生物など様々な生物の生態・個体群動態・群集に関する研究も行われている。

森林機能の解明

 本研本研究林は由良川の最源流部に位置し、森林集水域研究が可能な地形を有している。この地の利を生かして、水土保全、物質循環をはじめとする環境保全機能を長期的にモニタリングし、解析・評価している。

森林の維持機構の解明および環境変化・攪乱の影響評価

 1979年より多数の固定標準値調査が設定され3~5年毎にモニタリングを続けている。さらに、1990年代以降、3ヶ所の大面積天然林動態調査区(面積16ha、8ha、6ha)が設定され、種子生産・実生・成木のモニタリングが継続されている。2007年からは「モニタリングサイト1000」(環境省プロジェクト)のコアサイトに認定された。加えて2016年に、国際長期生態学研究ネットワーク(ILTER)および日本長期生態学研究ネットワーク(JaLTER)のコアサイトに認定され、国際的なデータ公開を進めている。これらのデータを解析し、地球温暖化等による森林の変化の早期検出・将来予測を進めている。

 

人と自然の持続的関係についての学際研究

 本研究林は設定前より現在にいたるまで人が利用してきた。こうした歴史を生かし、森里海連環学の研究が行われている。森・川・海の繋がり、さらに生態系と人間社会との関係を、自然科学、社会科学や人文学も含めた分野横断的学際手法で明らかにしようとするものである。