瀬戸内海研究フォーラム in 京都

2017年9月6-7日に、京都大学百周年時計台記念館国際交流ホールにおいて、瀬戸内海研究フォーラム in 京都「川と海のつながりが育む豊かな文化と生態系」を開催します。
forum2017
【趣旨】
 瀬戸内海研究フォーラムは、平成4年からはじまり、今年で25回目を迎えます。本フォーラムは、豊かな瀬戸内海の実現のために、自然科学・人文・社会科学など、あらゆる学問分野の英知を集結し、瀬戸内海の研究および知識の普及を図ることを主な目的として実施されています。今回は地球環境学堂と特定非営利活動法人瀬戸内海研究会議が主催し、本学にて開催します。
 「川と海のつながりが育む豊かな文化と生態系」をテーマに、瀬戸内海沿岸部と内陸部、そして琵琶湖も含めた流域にも焦点をあて、それぞれにおける生活・文化、汚濁負荷、川を介した森や海そして人々の生業との連環、瀬戸内海と琵琶湖が抱える類似の課題について、多面的に議論していきます。

【日時】2017年9月6日(水)12:30-17:40(予定)
         7日(木)09:00-15:00(予定)
【場所】百周年時計台記念館2階国際交流ホールII・III
 (京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス本部構内・リンク先地図にある3番の建物)
【定員】200人程度
【詳細等】
 ◆9月6日(水)
  開会、趣旨説明
  第1セッション「都市をささえる景観:瀬戸内海国立公園から学ぶ」
  ポスター発表セッション「環境保全・創造に関する研究・活動報告」
  総会、懇親会
 ◆9月7日(木)
  第2セッション「生物生産からみた流域と沿岸域の相互関係」
  第3セッション「豊かな生態系の琵琶湖との共生を探る」
  総括・閉会
【参加費】無料(懇親会の参加には、別途参加費が必要です)
【申し込み】必要 2017年8月31日(木)締切
  ※申込方法は、こちらのページをご覧ください
【問い合わせ】
 特定非営利活動法人 瀬戸内海研究会議事務局
 〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
  人と防災未来センター東館5階 瀬戸内海環境保全協会内
 Tel: 078-241-7720  Fax: 078-241-7730
 E-mail: web*seto.or.jp (*を@に変えてください)

 主催:特定非営利活動法人瀬戸内海研究会議、地球環境学堂
 共催:瀬戸内海環境保全知事・市長会議、生態学研究センター、フィールド科学教育研究センター、総合地球環境学研究所
 協賛:(公社)瀬戸内海環境保全協会、森里海連環学教育ユニット
 後援:環境省、京都府、京都市、 (公財)琵琶湖・淀川水質保全機構