カテゴリー

甲斐 嘉晃


フィールド科学教育研究センター里域生態系部門
里海生態保全学分野 准教授
舞鶴水産実験所
E-mail:kai.yoshiaki.4c*kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
業績など(教育研究活動DB)

(2020年度更新)

1.研究分野
(1)魚類の系統・分類学的研究

・メバル科、クサウオ科、ダンゴウオ科は主に北半球の寒海域で多様に種分化したグループです。彼らがどのような原因で種分化したのか、多様性を生み出す原動力は何だったのか、どうやって「種」としての独自性を保っているのか、と言う疑問に、形態学・分子遺伝学的手法を用いて研究を進めています。

・日本海は周囲を陸で囲まれた閉鎖的な海域です。氷河期には狭い海峡がほぼ閉じてしまい、周囲の海から孤立したことが知られています、このような歴史的背景から日本海には固有種が多かったり、周囲の海とは少し異なった遺伝的組成を持った種が生息しています。主に分子遺伝学的手法を用いて、日本海の魚などの歴史を推定しています。

(2)魚類標本の維持・管理
 舞鶴水産実験所には40万点にものぼる貴重な魚類標本が保管されています。これらをいつでも研究に使えるように維持、管理していきます。また、標本検索のデータベース化も進行中。魚類の多様性を理解するための重要な作業です。

2.好きなもの,趣味
 バンド活動。重低音(ベース)担当。隔週で京都に行ってバンド仲間と練習。普通のベースは4弦ですが。さらに低い音が出る5弦のベースを愛用しています。ライブでのMCは苦手。

3.その他
 舞鶴はいろいろな種類の魚を研究できるところです。興味のある人は是非!


(フィールド研における経歴とページ履歴 情報整理)
2004-04-01 里域生態系部門 里海生態保全学分野 助手(2007-04から助教に職名変更)
2004-04-01 舞鶴水産実験所担当
2004年度 http://fserc.kais.kyoto-u.ac.jp/main/staff/kai.htm でページ公開
2011-04-01 http://fserc.kyoto-u.ac.jp/wp/staff/kai にページ移設
2013-08-21 ページにメールアドレスの追加
2014-10-09 ページに教育研究活動DBへのリンクを追加
2020-11-01 助教から准教授に昇任
2020-11-02 ページ内容を更新