公開実習

フィールド研が2017年度に開催を予定している公開実習(全国の大学生が参加できます。)

(随時更新・最終更新 2017-03-29)


[教育関係共同利用拠点事業] 拠点事業の紹介

【2017年度】

〈瀬戸臨海実験所〉
詳細:瀬戸臨海実験所 拠点事業ページ
(1) 博物館実習(2017年5月23~27日)
 定員: 3名  対象:理系学部生、全年次
(2) 自由課題研究(2017年9月4~11日)
 定員: 3名  対象:学部生、3年次生以上
(3) 発展生物学実習(2017年9月18~24日)
 定員:10名 対象:学部生、2年次生以上
(4) 海産無脊椎動物分子系統学実習(2018年3月3~10日)
 定員: 12名 対象:学部生、2年次生以上
(5) 沿岸域生態系多様性実習(2018年3月14~19日)
 定員: 12名 対象:学部生、全年次
  京都大学理学部特別聴講学生として受講できます(2単位、2018年1月ごろ出願締切を予定)
(6) 藻類と海浜植物の系統と進化(2018年3月27~31日)
 定員: 10名 対象:学部生、3年次生以上

〈舞鶴水産実験所〉
詳細:舞鶴水産実験所 拠点事業ページ
(1) 森里海連環学実習I (2017年8月6~10日)芦生研究林との共同実施
 定員:10名 対象:学部生、全年次
(2) 海洋生物科学実習I ・II(実習I:2017年8月24~29日・実習II:2017年8月29日~9月3日)
 定員:各5名 対象:農/水産/水圏環境系の学部生、2・3年次生
  実習Iと実習IIは、個別に受講することも連続して受講することもできます
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(各2単位、2017年6月ごろ出願締切を予定)
(3) 若狭湾秋季の水産海洋生物実習(2017年9月中旬)
 定員:10名 対象:学部生、全年次
(4) 若狭湾春季の水産海洋生物実習(2018年3月中旬)
 定員:5名 対象:学部生、全年次
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(2・3年次生のみ、2単位、2017年11月ごろ出願締切を予定)
  特別聴講学生とならない場合、2018年1月ごろ出願締切
  本実習は、「水産海洋フィールド教育プログラム」(京都大・長崎大・広島大・北海道大)に含まれます
(5) 博物館実習(館園実務)(2017年12月下旬) 10月ごろ締切を予定
 定員:2名 対象:理系学部の3年次生以上/大学院生(修士課程)
  所属する大学において事前指導および事後指導を受講すること

(芦生研究林・北海道研究林・上賀茂試験地)
拠点事業ページ

〈芦生研究林〉
(1) 公開森林実習I -近畿地方の奥山・里山の森林とその特徴-(2017年8月28~30日) 案内ページ
 上賀茂試験地・北白川試験地との共同実施
 定員:10名 対象:主として学部2・3年次生
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(1単位、2017年6月19日出願締切)
  特別聴講学生とならない場合、7月20日出願締切
(2) 森里海連環学実習I  *舞鶴水産実験所の欄を参照(申込も舞鶴水産実験所へ)

〈北海道研究林〉
(1) 公開森林実習II -夏の北海道東部の人と自然の関わり-(2017年8月5~8日) 案内ページ
 定員:10名 対象:主として学部2・3年次生
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(1単位、2017年6月19日出願締切)
  特別聴講学生とならない場合、7月20日出願締切
(2) 森里海連環学実習II (2017年9月1~7日)
 北海道大学厚岸臨海実験所との共同実施
 定員:若干名 対象:学部生、全年次

【2016年度】

〈瀬戸臨海実験所〉
詳細:瀬戸臨海実験所 拠点事業ページ臨海実習事業ページ
(1) 自由課題研究(2016年8月29日~9月5日)
定員: 3名  対象:学部生、3年次生以上
(2) 発展生物学実習(2016年9月13~19日)
定員:10名 対象:学部生、2年次生以上
(3) 海産無脊椎動物分子系統学実習(2017年2月25日~3月4日)
定員: 10名 対象:学部生、2年次生以上
(4) 藻類と海浜植物の系統と進化(2017年3月14~19日)
定員: 10名 対象:学部生、2年次生以上
(5) 沿岸域生態系多様性実習(2017年3月26~31日)
定員: 10名 対象:学部生、2年次生以上
  京都大学理学部特別聴講学生として受講できます(2単位、2017年1月31日出願締切)

〈舞鶴水産実験所〉
詳細:舞鶴水産実験所 拠点事業ページ実習生募集ページ
(1) 森里海連環学実習I (2016年8月7~11日)芦生研究林との共同実施
定員:10名 対象:学部生、全年次
(2) 海洋生物科学実習I ・II(実習I:2016年8月24~29日・実習II:2016年8月29日~9月3日 )
定員:各5名 対象:農/水産/水圏環境系の学部生
  実習Iと実習IIは、個別に受講することも連続して受講することもできます
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(2・3年次生のみ、各2単位、6月30日出願締切)
(3) 若狭湾秋季の水産海洋生物実習(2016年9月14日~19日)
定員:10名 対象:学部生、全年次
(4) 若狭湾春季の水産海洋生物実習(2017年3月13日~18日)締め切りを延長しました
定員:5名程度 対象:学部生、全年次
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(2・3年次生のみ、2単位、11月4日出願締切12月5日 出願書類必着
  特別聴講学生とならない場合、2017年1月20日出願締切2月6日 応募書類必着
(5) 博物館実習(館園実務)(2016年12月23~27日)10月31日締切 締め切りを延長しました
定員:2名 対象:理系学部の3年次生以上/大学院生(修士課程)
  所属する大学において事前指導および事後指導を受講すること

(芦生研究林・北海道研究林・上賀茂試験地)
拠点事業ページ

〈芦生研究林〉
(1) 公開森林実習I -近畿地方の奥山・里山の森林とその特徴-(2016年9月7~9日) 案内ページ報告ページ
上賀茂試験地・北白川試験地との共同実施
定員:10名 対象:主として学部2・3年次生
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(1単位、6月13日出願締切)
  特別聴講学生とならない場合、7月31日出願締切
(2) 森里海連環学実習I  *舞鶴水産実験所の欄を参照(申込も舞鶴水産実験所へ)

〈北海道研究林〉
(1) 公開森林実習II -夏の北海道東部の人と自然の関わり-(2016年8月5~8日) 案内ページ報告ページ
定員:10名 対象:主として学部2・3年次生
  京都大学農学部特別聴講学生として受講できます(1単位、6月13日出願締切)
  特別聴講学生とならない場合、7月20日出願締切
(2) 森里海連環学実習II (2016年8月28日~9月3日) 案内ページ報告ページ
北海道大学厚岸臨海実験所との共同実施
定員:若干名 対象:学部生、全年次

硏究/実習ニーズに合わせた利用-京大のフィールド施設を使う-

●実習●
全国の大学からの実習利用を募集しています。京大のフィールド施設は、実習のための設備や宿泊施設などが整っています。
利用可能な施設・機器・時期・申し込み方法など、詳しくは各施設のウェブページをご確認のうえお問い合わせください。

●研究●
全国の大学の卒業論文・修士論文・博士論文の研究利用を受け入れています。
もちろん教職員の研究利用も可能です。経験豊富な教職員によるサポートもいたします。
利用可能な施設・機器・時期・申し込み方法など、詳しくは各施設のウェブページをご確認のうえお問い合わせください。

【受講及び利用を希望される方は、各施設に早めに連絡し、手続きを進めてください。】
瀬戸臨海実験所 TEL:0739-42-3515 Eメール:seto*adm.kais.kyoto-u.ac.jp 
舞鶴水産実験所 TEL:0773-62-5512 Eメール:maizuru*adm.kais.kyoto-u.ac.jp 
芦生研究林   TEL:0771-77-0321 Eメール:ashiu*adm.kais.kyoto-u.ac.jp
北海道研究林  TEL:015-485-2637 Eメール:hokuenji*kais.kyoto-u.ac.jp
上賀茂試験地  TEL:075-781-2402 Eメール:kamigamo*kais.kyoto-u.ac.jp
  
(メールの * は @ に変更ください。)


(参考)
2015年度の実施概要2015年度公開実習案内ポスター
2014年度の実施概要2014年度公開実習案内ポスター
2013年度の実施概要2013年度公開実習案内ポスター
2012年度の実施概要2012年度公開実習案内ポスター
2011年度の実施概要2011年度公開実習案内ポスター