カテゴリー
受賞関係

林 英夫氏 森林管理技術賞を授賞

2003年9月18日、第5回全国大学演習林協議会において、芦生研究林の林 英夫氏(技術専門職員)が森林管理技術賞を授賞しました。

 全国大学演習林協議会は林学教育研究の発展に資するため、演習林に関する調査及び研究を行い、各大学相互間の連絡を図り、あわせて演習林の整備並びに改善の促進を期することを目的に、毎年2回(春・秋季)総会が開催されている。今回の秋季総会は、9月18日に高知城ホールで開催され、参加者は全国大学演習林関係者、約80名であった。
 本協議会では大学演習林において教育・研究の支援や森林の維持管理に貢献した職員の技術を評価するため1998(平成10)年に森林管理技術賞を制定し、翌1999年度から表彰を行っている。2003年度は九州大学、東京大学他から6名が選考され、フィールド科学教育研究センター芦生研究林の 林 英夫技術専門職員が栄冠に輝いた。
 林 英夫技術専門職員の授賞理由は、
1)林道及び作業道の計画・施工と維持管理
2)伐木、集運材及び製材等の技術導入と伝承 
3)教育研究資材の調達と作製 など 多年にわたり京都大学研究林における教育研究基盤の整備に技術的支援を通じて貢献するとともに、林業技術の開発と伝承に多大な貢献をしたことである。
 表彰式は高知城ホールの多目的ホールにて、協議会秋季総会開会の辞の後に行われた。小川 滋会長(九州大学農学部附属演習林長)より、授賞者各位に表彰と記念品が授与された。
 懇親会では授賞者各位の挨拶が行われ、林 英夫技術専門職員は緊張した趣で、授賞の喜びを語った。
(森林生物圏部門 竹内 典之)

- 授賞式の様子 -