上賀茂試験地と武田薬品工業(株)京都薬用植物園が、事業連携を目的とした協定を締結

2024年1月30日、上賀茂試験地および武田薬品工業株式会社 京都薬用植物園は、京都薬用植物園の研修棟1階大ホールにて、事業連携を目的とした協定を締結しました。

 国立大学法人京都大学フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地(所在地:京都市北区上賀茂本山、施設長:舘野隆之輔)と武田薬品工業株式会社京都薬用植物園(所在地:京都市左京区一乗寺竹ノ内町、園長:野崎香樹)は、国際種子交換事業をはじめとする植物の栽培や植物資源の栽培・保全にかかわる分野での事業連携をすることにより、国際的な社会貢献活動の展開や生物多様性の保全、植物園機能の充実、専門人材の育成、環境教育の発展などに寄与することを目的に連携協定を締結しました。

■ 本協定の内容
1. 協定の名称:京都大学フィールド科学教育研究センター上賀茂試験地と武田薬品工業株式会社京都薬用植物園の連携に関する協定書

2. 協定締結日:2024年 1月30日

3. 協定締結の目的:両者がこれまで実施してきた国際種子交換事業をはじめとする植物の栽培や植物資源の収集・保全などの分野で連携協力することにより、国際的な社会貢献や生物多様性の保全を図り、両者の施設機能の充実、専門人材の育成、環境教育の発展に寄与するため

4. 連携事項:
 (1)国際種子交換事業の連携に関する事項
 (2)植物の栽培に関する事項
 (3)植物資源の収集・保全に関する事項
 (4)植物資源を用いた教育・研究・社会貢献活動に関する事項
 (5)その他前条の目的を達するために必要な事項
 

(協定締結式の様子)

報道発表資料
京都大学フィールド研上賀茂試験地と武田薬品工業(株)京都薬用植物園が、事業連携を目的とした協定を締結PDFファイル ・ 協定書PDFファイル ・ 上賀茂試験地ウェブページ・ 京都薬用植物園ウェブページ