カテゴリー
講義

ポケゼミ案内2011「海岸生物の生活史」 

開催時期:2011年11月23日~27日 ※11月祭と重なりますが、潮の良い時と休日をみてこの日程を選びました。ご了承ください。 (2011-07-14)

(注)このポケゼミの2011年5月1日からの開催は延期となりました。開講時期は未定です。新たな情報があればすぐにこのページでご案内します。問い合わせは、瀬戸臨海実験所事務室までお願いします。(2011-04-18)

担当:フィールド科学教育研究センター准教授・久保田 信(くぼた しん)


平成23(2011)年度 新入生向け少人数セミナー「海岸生物の生活史」

自然環境にとっても恵まれ、風光明媚な南紀白浜(和歌山県)に所在する瀬戸臨海実験所の周囲の海岸での有意義で楽しい実地授業です。多種多様多彩な海岸生物や沖合に住む海洋生物を、様々な生息場所で観察・採集し、ラボにて参考書で特徴を調べます。特製のCD・DVDも活用し、附設の水族館での観察も含めた多角的な実習・講義を通して、海岸生物のユニークな一生を知り、「生命の尊さの基礎を体得できる」講義・実習(I)・(II)・(III)を、下記の予定で行います{全学共通科目新入生向け少人数セミナー:ポケットゼミ,p.200に掲載}。

1.開講とガイダンスなど

11/23(水曜日)
(1) 16:00-17:30 瀬戸臨海実験所の実習室(和歌山県白浜町臨海)に、必ず、16時に集合,ガイダンスと所内案内
(2) 夜には, 秘蔵ビデオ(DVD)ライブラリ-などでの説明

2.講義と実習

1.講義と実習( I )
11/24(木曜日) 9:00-18:00
(1) 番所崎 <白浜半島の先端部> を一周し、磯観察・採集・同定・観察・スケッチなど
(2) 漂着生物調査(実験所北浜と南浜)後、採集物の同定・観察・スケッチなど
(3) 瀬戸漁港・千畳敷・三段壁での生物観察と南方熊楠館見学(予定)
(4) 特製中の特製ビデオ(DVD)ライブラリ-での説明
2.講義と実習( II )
11/25(金曜日)9:00-18:00
(1) 水族館で飼育展示の様々な分類群に属する動物の観察・スケッチなど
(2) 瀬戸漁港で生物観察、および貝寺の展示品の観察
(3) 漂着生物調査(実験所南浜)の後、採集物の同定・観察・スケッチなど
(4) 特製中の特製ビデオ(DVD)ライブラリ-での説明)
3.講義と実習( III )
11/26(土曜日)9:00-18:00・夜 <反省会など>
(1) 田辺湾の岸壁でプランクトン採集、ラボで顕微鏡を用いてプランクトンの同定・観察・スケッチなど
(2) 漂着生物調査(実験所北浜)の後、採集物の同定・観察・スケッチなど
(3) とれとれ市場の見学と田辺市ふるさと自然公園センター見学(予定)
(4) 特製ビデオ(DVD)ライブラリ-での説明
4.レポート作成
11/27(日曜日)9:15-12:00
宿泊部屋と実習室との後片付けと掃除。
レポート作成と提出 <これで成績を評価します>。

3.その他の注意事項など

  • 開講日の集合時間: 16時ジャスト を厳守して下さい。<実習室の場所は,水族館入り口の事務室で尋ねて入室して下さい>
  • 自分や友人などの車での参加は許可しません。JRやバスを利用して下さい。交通費が多少はかかりますので、安全で便利な方法を各自で選んで下さい。
  • 天気等の都合により,日程・実習場所などを変更する場合があります。
  • フィ-ルドでは、海での服装(防寒用のウインドブレカ-や日焼けに注意)・雨具あるいはカッパ、および懐中電灯が必要。
  • 長靴は瀬戸臨海実験所に備えてありますが、自分が持っているすべらない運動靴をはいてそのままフィ-ルドに出るほうがいいでしょう。 <ぬれる場合,普段履き以外として持参して下さい>
  • 文房具やメモ・レポ-ト作成に必要なものを持参して下さい。
  • 参加者は緊急時の連絡のため、携帯電話等連絡方法を来所日に提示して下さい。
  • 万が一の事故に備え、生協などで、各自、保険<学生教育研究災害傷害保険>に必ず入っておいて下さい。

4.必要経費 <自己負担の交通費を除く>

瀬戸臨海実験所における実地実習11/23~27 (4泊5日)にかかる経費が約1万円。
内訳は、宿泊費(1泊500円 + シ-ツ・クリ-ニング代1回分1000円)+ 全食費代(11/23夕食から11/27朝食まで)約¥6,000 

この経費は、「瀬戸臨海実験所利用申込み規定」により、支払いは実習開始までとなっております。11/22(火)までに受講者分全額まとめて久保田が立て替えています。この支払い後には、いかなる理由であれ、受講をキャンセルされた場合、経費は返却できませんので注意して下さい(→ 連絡なしのキャンセル者は久保田に支払う義務が生じます)。

5.教科書など

「宝の海から -白浜で出会った生き物たち-」紀伊民報社の2006年発刊・発売元ですが、京大生協ルネの京大職員制作出版コ-ナ-で販売しています。顕微鏡的生物からクジラまで、101話(B5版233頁)の様々な生物たちの博物学的な読み物(540種登場)。生活史に焦点をあて、図も豊富です。読んで、見て、ためになる、楽しい本で、定価 ¥2000。他の拙著やCD/DVDもあわせて,ルネで入手して下さい。

6.久保田および瀬戸臨海実験所の連絡先

・久保田オフィシャル・ホ-ムペ-ジ(http://www.seto.kais.kyoto-u.ac.jp/shinkubo/index.html)をご覧下さい)。白浜への交通路も説明や白浜観光案内も掲載しています。
瀬戸臨海実験所のホ-ムペ-ジ(http://www.seto.kais.kyoto-u.ac.jp/)もご覧下さい。

————————————————————————————————————————-
久保田 信(くぼた しん)
京都大学フィールド科学教育研究センター海域ステーション瀬戸臨海実験所
〒649-2211  和歌山県西牟婁郡白浜町459
Tel: 0739-42-3515;  Fax: 0739-42-4518
e-mail: shkubota*medusanpolyp.mbox.media.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えて下さい)
――――――――――
参考: 単著・共著などの紹介はじめ歌の試聴もできます。
http://www.benikurage.com
http://www.youtube.com/user/MrBenikurage?feature=mhum