嵜元 道徳


フィールド科学教育研究センター 森林生態系部門
森林情報学分野 助教
上賀茂試験地
E-mail:sakimoto*kais.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えてください)
業績など(教育研究活動DB)

(2003年度公開)

1.研究テーマ
 (1)原生的な森林における自然史学的研究
森林は樹木を中心とする多種多様な植物から構成されており、その構成種や構造は森林ごとに異なるという地域性があります。また、森林の管理や保全を進めていく上では、それぞれの森林の特徴を十分に把握しておく必要があります。この研究では、各々の種にベースを置き、開花・結実過程から種子生産、実生の消長過程、さらには稚・幼樹の成長維持様式といった生活史的な側面を把握する一方で、気象・地形・地質などの地域要因と森林構造との関わりも探るといった自然史学的な研究を、原生的なスギ・落葉広葉樹林が広がる芦生研究林を中心に、院生らと展開しています。
(2)森林樹木の行動生態と形態に関する研究
固着性とモジュール性という特徴を備えた樹木は、光などの資源を求めてモジュールなどの形態を変えます。また時としてフェノロジーなどの行動も変えますが、この変化パターンは植物によって異なり、多様となっています。この多様で魅力的な森林樹木の特徴を把握するとともに、森林管理などへ応用展開することを目的に研究を進めています。
(3)人を含めたシステムの維持機構に関する研究
これはセンターの森里海連環学にも関連したものですが、地域研究のようなかたちで取り組もうと、現在、模索中のテーマです。

2.その他
 センター森林系研究分野の生態系研究プロジェクト(センターHP上にある各施設の研究課題)の立ち上げ・調査のために、北海道、芦生、和歌山の各研究林と上賀茂、徳山、北白川の各試験地を往来しています。ただ今、魅力ある研究プロジェクトサイトとなるように奮闘中ですが、興味をお持ちの方、特に院生・学部生、がありましたら、是非研究室の方へ。


(フィールド研における経歴とページ履歴 情報整理 2015-10-30)
2003-04-01/2013-07-31 森林生物圏部門 森林資源管理学分野 助手(2007-04から助教に職名変更)
2003年度 http://fserc.kais.kyoto-u.ac.jp/main/staff/sakimoto.htm でページ公開
2004-04-01/2007-03-31 上賀茂試験地 担当
2007-04-01/2010-03-31 北白川試験地 担当
2010-04-01 上賀茂試験地 担当
2011-04-01 http://fserc.kyoto-u.ac.jp/wp/staff/sakimoto にページ移設
2013-08-01/2015-06-09 森林生態系部門 森林育成学分野 助教 (部門分野名変更)
2013-08-21 ページにメールアドレスの追加
2014-10-09 ページに教育研究活動DBへのリンクを追加
2015-06-10 森林生態系部門 森林情報学分野 助教