カテゴリー
フィールド研のイベント 社会貢献活動

公開講座2006 「森のしくみとその役割 -今、芦生の森で!-」

 2006年7月27日から29日の3日間、芦生研究林に於いて、公開講座2006「森のしくみとその役割-今、芦生の森で!-」が開催されました。


日  時 : 平成18年7月27日(木)13:00~7月29日(土)12:00(2泊3日) 
場  所 : 芦生研究林(京都府南丹市美山町芦生)
主  催 : 京都大学フィールド科学教育研究センター
問い合わせ: 〒606-8502 京都市左京区北白川追分町 
        京都大学農学研究科等教育・研究協力課研究協力掛宛 
        TEL 075-753-6411 
        FAX 075-753-6005 
        E-mail sympo@adm.kais.kyoto-u.ac.jp
参 加 者 : 28名
  
 
                     - プログラム -

  7月27日(木) 芦生の森の異変I (講義)
    13:00~13:15  開講挨拶                  田中  克 教 授(センター長)
    13:15~13:30  芦生研究林の概要              芝  正己 助教授(芦生研究林長)
    13:30~14:15  芦生の森林                 安藤  信 助教授 
    14:30~15:15  森林レクリエーションと環境整備       坂野上なお 助 手 
    15:15~16:00  森林の野生生物:シカの影響をどうとらえるか 高柳  敦 講 師(農学研究科)
    16:00~17:15  樹木識別入門                淺野 善和 技術職員
                                  伊藤 雅敏 技術職員

  7月28日(金) 森林の観察・体験学習               センター教員・技術職員担当
        8:30  芦生研究林構内集合              
        午前  天然林内での講義並びに実習 (班別行動)   
    12:30~13:30  昼食(長治谷作業所にて)           
        午後  天然林内での講義並びに実習 (コース別行動) 

  7月29日(土) 芦生の森の異変II(講義)
     9:00~ 9:45  森林と環境教育               中島  皇 講 師 
    10:00~10:45  ナラ類の集団枯損病  
             微生物と小さな虫がもたらす森の災厄    二井 一禎 教 授(農学研究科)
    11:00~11:30  質疑応答・アンケート 
    11:45~12:00  閉会挨拶                  竹内 典之 教 授(副センター長)

- 公開講座の様子 -

 詳しい報告は芦生研究林ホームページをご覧下さい。

  ※ 関連報道
  ・「森林の大切さ学ぶ公開講座」(2006年 6月19日 読売新聞 朝刊 13面) (PDF):使用承諾済 
   (読売新聞社:無断で著作権を侵害する行為を禁ずる「読売新聞社の著作物について」)