社会教育」カテゴリーアーカイブ

八幡小学校森林体験学習

和歌山研究林の地域開放事業として、有田川町立八幡小学校5年生13名を対象に5月29日と10月28日の2回、「総合的な学習の時間‐森のことを知ろう(環境)‐」の一環で森林体験学習を行いました。

5月29日は、午前に研究林教育研究棟にて研究林の概要と樹木識別の講義を行いました。
午後は3林班から2林班の研究林境界部を歩きながら樹木識別や苗木の掘り取り体験を行った後、樹木識別テストを行いました。
少し肌寒さが残る中、生徒たちは、「これは何という植物ですか」、「特徴は何ですか」など一生懸命質問し、楽しみながら熱心に学習していました。

10月28日は、研究林10林班茗荷平周辺にて、間伐体験を行いました。
はじめに研究林職員から間伐について説明を受け、その後児童それぞれに職員が付き添いながら、ノコギリを使用して間伐及び丸太の輪切り体験を行いました。
体験中、「しんどいなあ」、「疲れた」などと言いながらも木が伐れた時には感激し、必死に楽しく作業していました。

この体験を通して森林を身近に感じ、木を伐ることの大変さ、森林の大切さを理解して少しでも多くの興味を持ってくれたらうれしく思います。

散策前説明(春)

樹木解説1(春)

樹木解説2(春)

樹木識別テスト(春)

伐採前の説明(秋)

伐倒方向についての説明(秋)

間伐体験1(秋)

間伐体験2(秋)

ひらめき☆ときめきサイエンス2019

2019年9月21日に神戸大学大学院理学研究科との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンス「寄生虫が渓流生態系を育む!?ハリガネムシを通して森と川の持続的な管理を考えよう」を実施しました。
「ひらめき☆ときめきサイエンス」は独立行政法人日本学術振興会の事業で、文部科学省科学研究費補助金(通称、科研費)を用いて行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

今回は県内から14名の高校生と引率教員2名の他、県外から4名の中学生及び高校生と引率者3名と多くの方が参加され、JR藤並駅と有田川町清水行政局で受付を行いました。
和歌山研究林に移動後、はじめに開講式を行い、長谷川林長による講義「研究林の概要と日本の林業の現状」,神戸大学の佐藤准教授による講義「森と川をつなぐ生きものたちの話」を行いました。
講義後は実習「生物の採集・観察」を⾏い、渓流でのアマゴ捕獲と胃内容物調査、体⻑・体重測定、個体の識別⽅法を体験しました。また、寄生虫ハリガネムシとその宿主カマドウマのトラップによる捕獲と観察も実施し、「寄生虫が渓流魚を育む」ことを参加者に実感してもらいました。今年度で3回目の実施となりましたが、神戸大学の佐藤准教授をはじめ、佐藤研究室所属の上田るいさん、田中良輔さん、田中達也さんが中心となって、実習の指導及び研究紹介をしていただきました。
最後に閉講式を行い、参加生徒に未来博士号が授与されました。
*渓流での魚類調査は、有田川漁業協同組合の同意のもと、和歌山県から許可を得て行っています。

研究林の紹介

講義の風景

アマゴの胃内容物調査

学生による解説

アマゴやハリガネムシの採集

未来博士号の授与

職業体験学習

2019年9月18日から20日にかけて、有田川町立八幡中学校2年生4名の職業体験学習を受け入れました。
この学習は
・勤労の尊さや意義を理解し、望ましい職業観を養う。
・地域についての理解を深め、共によりよく生きていこうとする意欲を育てる。
・生き方についての自覚を持ち将来設計について考える機会とする。
といった目的で行われています。
初日は、研究林案内を含めた勤務場所の把握および環境省からの委託調査に関するリター回収、2日目は、立木の伐倒およびグラップル操作体験とその他重機操作体験を行い、最終日は、情報発信としてホームページ掲載原稿の作成と調査研究補助業務を行いました。今年度も神戸大学の佐藤准教授をはじめ、佐藤研究室所属の上田るいさん、田中良輔さん、田中達也さんに、調査研究補助業務として、体験学習の指導及び研究紹介をしていただきました。
以下、詳細はこちらに職業体験生に作成してもらったホームページ報告を記載しております。ご覧ください。

詳細はこちら

和歌山研究林ミニ公開講座

和歌山研究林では、10月20日に和歌山研究林ミニ公開講座(後援:有田川町教育委員会 京大ウィークス2018参加イベント)を開催しました。
このイベントは、本施設の存在および意義、教育・研究内容を地域を中心とした一般市民の皆さまに知ってもらうことを目的に、2015年から開催しているものです。今年は定員を上回る45名の応募があり、当日は21名の参加がありました。
当日は、有田川町清水行政局駐車場に集合し、マイクロバスで林内に向かいました。現地では2班に分かれて、研究林教員および技術職員の解説により、主に標高の高い尾根部で自然観察を行いました。参加者は樹種名だけでなく、その植物の多様性や、木材資源としての利用と課題に関して理解を深めました。
参加者からは、「植物の種類を多く知ることができた。」「説明がわかりやすくとても楽しかった。」などの感想が寄せられ、イベントは好評のうちに終了しました。

開講式

散策準備

1班説明風景

2班説明風景

カエデの見分け方説明

人工林の説明

総合的な学習の時間「SIMIZUタイム」(森林ウォーク)

2018年6月1日に県立有田中央高等学校清水分校との共催で総合的な学習の時間「SIMIZUタイム」(森林ウォーク)を行いました。
午前9時過ぎにごまさんスカイタワー駐車場に集合し、5林班から6林班の研究林境界部尾根を約2時間かけて歩きながら、樹木を中心とした自然観察を行いました。
午後からは和歌山研究林の教育研究棟にて「和歌山研究林の概要 山のめぐみを活かす情報と機械」という題目で長谷川林長による講義を行いました。

自己紹介

人工林の解説

樹木を中心に自然観察

教育研究棟での講義

総合的な学習の時間「森のこと知ろう」環境

2018年5月24日に、有田川町立八幡小学校(5年生6名)、有田川町立久野原小学校(5,6年生4名)、有田川町立安諦小学校(4,5年生4名)の3校合同で、『総合的な学習の時間「森のことを知ろう」環境』を行いました。
午前は研究林教育研究棟にて、和歌山研究林の概要と午後からの樹木識別で必要な葉の特徴や用語について学習をしました。
午後からは3林班から2林班の研究林境界部を歩きながら、樹木を見分ける特徴について説明を受けました。
最後に行った樹木識別テストでは、今日学習したことを思いだし、頭を悩ませながらも熱心に取り組んでいました。

概要説明と樹木識別について講義

山を歩きながら樹木の特徴を学習

苗木掘りも体験しました

樹木識別テストに挑戦

 

総合的な学習の時間「森は友だち 森林の町清水」環境

2017年11月9日に、有田川町立八幡小学校5年生11名による[総合的な学習の時間「森は友だち 森林の町清水」環境]として間伐体験を行いました。
はじめに研究林職員から間伐について説明を受け、その後児童それぞれに職員が付き添いながら、ノコギリを使用して間伐を行いました。
間伐後は、ノコギリやチェーンソーを使用して丸太の輪切り体験を行いました。

間伐方法の説明

間伐体験

丸太の輪切り体験

終わりの挨拶

ひらめき☆ときめきサイエンス

2017年9月30日に神戸大学大学院理学研究科との共催で、ひらめき☆ときめきサイエンス「寄生虫が森と川を育む!?~ハリガネムシを通して自然をみてみよう~」を実施しました。
「ひらめき☆ときめきサイエンス」は独立行政法人日本学術振興会の事業で、文部科学省科学研究費補助金(通称、科研費)を用いて行われている最先端の研究成果に、小学5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、触れることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。

今回は県外から11名の高校生と引率者5名が参加され、JR藤並駅と有田川町清水行政局で受付を行いました。
和歌山研究林に移動後、はじめに開講式を行い、神戸大学の佐藤准教授による和歌山研究林の概要説明や講義「森と川をつなぐ生きものたちの話」を行いました。
講義後は実習「生物の採集・観察」を⾏い、渓流でのアマゴ採集と胃内容物調査、体⻑・体重測定、個体の識別⽅法を体験しました。また、寄生⾍ハリガネムシとその宿主カマドウマのトラップによる捕獲と観察も実施し、「寄生虫が渓流魚を育む」ことを参加者に実感してもらいました。
最後に閉講式を行い、参加学生に未来博士号が授与されました。
*渓流での実習は有田川漁業協同組合の同意のもと、和歌山県から許可を得て行っています。

講義風景

アマゴやハリガネムシの採集

アマゴの胃内容物調査

未来博士号の授与

職業体験学習

2017年9月20日から22日にかけて、有田川町立八幡中学校2年生4名の職業体験学習を受け入れました。
この学習は
・勤労の尊さや意義を理解し、望ましい職業観を養う。
・地域についての理解を深め、共によりよく生きていこうとする意欲や態度を育てる。
・生き方についての自覚や将来設計について考える機会とする。
といった目的で行われています。
以下、職業体験生に作成してもらったホームページ報告です。
——————————————————
一日目の午前、僕達は地図を見ながら自分がどこにいるのかなど、地図の見方を教えてもらいました。
最初は地図を見ても今どこにいるかわかりませんでした。だけど周りを見てみるとヒントがあって、橋や別れ道などを見つけて今ここにいると分かるようになりました。地図は自分の場所も分かったり等高線で高さが分かったりといろいろ便利だと思いました。僕達はヒントを言ってもらって京大研究林の山全体を見ながら地図を見たけど、京大研究林で仕事をしている人は1日で広い山の場所を覚えないといけない時があると聞いたので大変だと思いました。

山の地形を教えてもらう

地図の見方を教えてもらう

一日目の午後に、林道の路面整備に使うホイールローダと油圧ショベルの操作と、渓流水のpHとECの測定をしました。ホイールローダはすごく大きいバケットが前にあって、そのバケットを使って土や石を運ぶという仕組みになっていました。土や石を運ぶときは、まずバケットを地面と平行にして、地面につけながら土に下から入れて持ち上げるという操作をしました。バケットを地面と平行にするのは簡単でしたが、地面につけながら進むのはすごく難しかったです。そして持ち上げて自分の好きな所に土を下ろしました。操作するのは、とても難しかったけど、面白かったので、またしてみたいです。

ホイールローダの操作

油圧ショベルの操作

二日目の午前にモニタリングサイト1000の調査でリタートラップ回収をしました。
リタートラップ回収に行くまでの山登りが傾斜45°の山を30分ぐらい登ったのでしんどかったです。リタートラップ回収をする時は中身が外にでないように袋に入れないといけないので、下に落ちそうになって大変でした。リタートラップの回収も大変だったけど一番山登りが大変でした。

リタートラップの回収方法を教えてもらう

リタートラップの回収

二日目の午後、間伐をしました。小学校の時も木を切った亊がありました。その時は、のこぎりで切っていたけど、今回はチェーンソーで木を切りました。
最初にチェーンソーの説明をしてもらいました。今までスイッチだけ入れたらチェーンソーが使えるようになると思っていたけど、使う前に色々な手間があって驚きました。
実際に木を切ってみると、のこぎりよりチェーンソーの方が使いやすくて、早く終わりました。でも、使いやすくて早い分危険な機械だと思いました。チェーンソーには安全装置が3箇所あって、少し安心出来ました。間伐で一番難しかったのが、木を切り倒す方向を考えて、その通りに倒すところでした。

チェーンソーで切る場所に印をつける

チェーンソーを使って木を切る

三日目の午前、チェーンソーの清掃と、ミールワーム交換(研究補助)をしました。
最初にチェーンソーを分解して清掃しました。見た亊の無い部品などが見えて、良い経験になりました。でも、結構時間がかかって大変でした。
アマゴの生育の研究をするために、ミールワームの交換をしました。ミールワームの交換は川でします。アマゴの餌を取り替える事がミールワームの交換と言います。川は足下が少し険しく、流れが速く、水が深い所があったので、それも大変な作業でした。

チェーンソーの清掃

ミールワーム交換

三日目の午後、ホームページ掲載用の原稿を作成しました。三日間体験したことをまとめました。

ホームページ報告の写真選び

ホームページ報告の原稿を考える

夏季特設課外実習「関西研修」

2017年8月3日~4日にかけて和歌山県立海南高等学校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の一環として、1年生2名、2年生7名を対象に夏季特設課外実習「関西研修」を行いました。
初日は10時半にごまさんスカイタワーに集合し、5林班から6林班の研究林境界部を歩きながら樹木識別や自然観察を行い、午後からは研究林教育研究棟にて長谷川林長による研究林の概要説明と講義が行いました。
2日目は午前に森林の伐採体験を行い、午後からはマルカ林業(株)様の苗木生産現場及び社有林の見学を行いました。
森林植生や野生動物などに関心を持ち、伐採実習を行うことで体も使って林業の一部分を体験し、生徒たちは熱心に実習をこなしていました。

人工林の説明

講義風景

苗木生産の説明

マルカ林業(株)社有林の説明