フィールド日誌」カテゴリーアーカイブ

固定標準地と歩道巡視

研究林内の9林班で実施された和歌山県による保育間伐事業地の確認調査を行いました。

事業地内に2か所の固定標準地が設けてあり、歩道を歩いて標準地まで向かいます。歩道は毎年整備していますが、総延長が非常に長いため、全区間を整備するのは難しい状況です。近年多発する災害の影響もあり、所々で崩壊地などがみられ、このため通行の危険な個所もありました。歩道が消失している箇所もあり、行先を見失いながらも、何とか2か所の固定標準地にたどり着き、無事に調査ができました。当研究林は急斜面が多いことに加え、地盤がもろく歩道以外を歩く場合は滑落や落石の危険性が常にあります。このため、安全に林内を移動するためには歩道の整備が欠かせないことを実感しました。

 

人工林内の歩道を下る

崩壊地を横切る

固定標準地の調査木

倒木などにより歩道が分断されている

保育間伐後の固定標準地

秋の花 アケボノソウが花盛り

横断排水溝掃除

秋になり、台風シーズンが到来しています。台風に備えて、林道を巡視するとともに横断排水溝の掃除を行いました。

横断排水溝に土砂が詰まっていると、適切な場所で雨水が排出されず、路面を流れる雨水の流量が増し、路面の浸食や亀裂などの被害が発生する恐れがあります。このため、大雨のシーズンには定期的に排水溝の掃除を行う必要があります。

和歌山研究林では林道の総延長が8km程度あり、多数の横断排水溝が設置されています。これらをすべて見回り、土砂が詰まった箇所があれば手作業で除去します。かなりの重労働ですが、このひと手間を怠ると大きな被害になる場合もあるので、地味ながらも重要な作業です。

 

作業前(排水溝に土砂がたまっている)

手作業で土砂を除去する

作業後

 

作業道路面補修その3

作業道路面補修その2の続きを行いました。

前回の補修箇所から、さらに下方の路面へと続いている長い亀裂を木組みにより補強します。木組みの方法は作業道路面補修その1と同様ですが、今回の亀裂は長さ10m以上あるので、6m程度の木組みを横並びに2か所設置しました。

今回の長い亀裂は路面を流れた雨水が一か所に集中したため、路面が洗堀されて形成されたものと推測されました。このため丸太を利用した排水溝を設置して路面に流れる雨水が分散するようにしました。これは丸太を横に置くという簡便な方法ですが、効果があることが実証されています。

今回で、この作業道路線での補修作業は終了となります。今後しばらくはこの状態で維持できれば幸いです。

 

作業前(長い亀裂がある)

重機で掘削して路床を転圧する

丸太を設置する

丸太を固定する

土砂を埋め戻し完成

丸太を横に置いて排水溝を設置する

作業道路面補修その2

作業道路面補修その1に引き続き、同じ路線で亀裂の補修をしました。

今回は、ヘアピンカーブ路肩部の土嚢袋で補強している箇所の亀裂で、土圧により土嚢袋が谷側に若干傾斜していたので、土嚢袋の置きなおしをして路肩の補修をします。約1tの土嚢袋を重機で吊り上げ、一旦取り除きます。その後、亀裂箇所を重機で掘削し、路床を転圧して固めます。土嚢袋を再度設置し土砂を埋め戻しながら転圧し、路面を整地して完成としました。荷下ろし役の職員と息を合わせて適切な場所に土嚢を設置するために、繊細な重機の操作技術が必要となりました。

今回の亀裂はさらに10mほど下方の路面まで続いており、こちらは別の機会に補修を行いたいと思います。

 

作業前(長い亀裂がある)

重機で掘削して土嚢袋を取り除く

重機で路床を転圧する

土嚢袋を再設置する

土砂を埋め戻しながら転圧する

路面を整地して完成

水源地整備作業

和歌山研究林の事務所では、水の確保のため、近くの沢から直接水を引いています。そのため大雨などの後は水源地に土砂等がたまり、水量や水質が低下するため定期的な整備が必要です。今年の8月中旬の大雨により、水道の水量が安定しなかったため、水源地の整備を行いました。

水源地は事務所から近くの下がり滝の上部にありますが、水源地までは滑落の危険がある急峻な歩道を100mほど登っていかなければならず、たどり着くまでが一苦労です。

水源地では土砂が大量に堆積しており、取水口は見えない状態でした。取水口が現れるまで手作業でひたすら土砂を取り除きます。今回は沢の水量が多く、取水口へ勢いよく水が流れ込むため、水道管に大量の空気を取り込むことになり水道が途切れる恐れがありました。このため取水口上部に堰を設け、水の勢いを調整できるように工夫しました。

この作業により、安定した水量に復旧しました。重労働ではありますが、和歌山研究林で生活するためには必要不可欠な作業です。しばらくはこの状態で保ってもらいたいものです。

 

下がり滝の横から歩道を上がる

急峻な道を這い上がる

土砂が堆積した取水口

手作業による土砂除去作業1

手作業による土砂除去作業2

作業完了後の取水口

作業道路面補修その1(木組みによる路肩補修)

今年の8月は前線の影響による雨が続き、和歌山研究林では総雨量1000mm近くに達しました。幸い、林道等の大きな被害は確認されなかったものの、10林班の既設作業道の一部に亀裂を確認し、路肩崩壊の恐れがあるため、木組み工法による路肩補修作業を行いました。
木組み工法は丸太を積み上げることにより路肩を安定させる方法であり、材料を現地調達でき、埋め戻す土砂も少量で済むことから環境負荷の少ない低コストの工法とされています。

作業はまず、亀裂箇所の路肩部分を重機で掘削し土砂を除去した後、丸太を設置する箇所を転圧し、平らにならします。

作業前(路面に亀裂と沈下がある)

亀裂箇所の掘削

 

 

 

 

 

次に材料である丸太の伐採行います。現場付近はスギ人工林内なので容易に調達できました。丸太は桁木(土台となる長い部分)と横木(桁木と垂直方向に一定間隔で設置する短い部分)を交互に組み上げていきます。今回の現場は小規模なので2段組みとしました。
桁木の長さを設置場所に調整(今回は7m程度)し、重機で吊って設置します。桁木が設置できたら、横木(今回は1.5m程度)を垂直方向に設置します。なるべく水平になるよう手作業で微調整します。設置できたら釘で固定します。

立木を伐採し丸太を作る

丸太を設置する

 

 

 

 

 

釘は一般的な釘(10寸釘等)では長さや強度が不足するので、異形鉄筋を切断して尖らせた自作の釘を使用します。ドリルで下穴を開けた後、ハンマーで鉄筋釘を打ち込み、桁木と横木を固定します。これで一段目の完了です。

釘を打つ場所にドリルで穴を開ける

釘を打ち込み丸太を固定する

 

 

 

 

 

一段目が設置できたら、いったん土砂を埋め戻します。重機により一段目の高さまで土砂を埋め戻し、しっかりと転圧します。同様に2段目も設置し、埋め戻しと転圧を行います。
その後は残った土砂を路面の高さまで埋め戻し、しっかりと転圧し、路肩整形を行い路面を平らにならし完成としました。木組み工法は丸太の耐久性が問題点ではありますが、数年は耐えられるのではないかと考えております。

組み立てたら土砂を埋戻し転圧する

路面を整形し完成

 

新設作業道作設

和歌山研究林4林班に作業道を新設しています。測量から設計、伐採とすべて直営作業で行います。台風等の影響も有り作設が遅れておりましたが
いよいよ本格的に作業が始まっています。

今年度予定分までの作業は完了しました。来年度以降も職員が協力してしっかりした作業道を作設できるようがんばります。

作業前

土砂の切りとり

土砂の積み込み

掘削中

途中経過

予定箇所まで終了