「大学の森」が見た森と里の再生学-京都芦生・美山での挑戦(京都大学学術出版会)

2024年1月22日、『「大学の森」が見た森と里の再生学-京都芦生・美山での挑戦』が京都大学学術出版会から出版されました。
大学の森
『「大学の森」が見た森と里の再生学-京都芦生・美山での挑戦』
 石原 正恵・赤石 大輔・徳地 直子 編

A5並製・420頁
ISBN: 9784814005048
発行年月: 2024/01
本体: 3,600円(+税)

【内容】
 祖先が私たちにつないでくれた、この豊かな森と里。
 これらを私たちのあとに生まれてくるすべての人につないでいきたい。(本書より)

 シカの食害・地球温暖化により変わる森、過疎・高齢化に直面する里。日本各地が直面するこれらの課題は互いにつながっている。だから、学問の垣根を越えて、研究者と社会の垣根を越えて、一緒に考え行動しよう。こうした視点に基づき、100年続く大学の森である芦生研究林と地元美山町を舞台に、理系から文系までの研究者が、地域住民・行政・企業などと、森と里の共再生を目指し本気の超学際研究に取り組んだ。

 本書では、研究成果の紹介だけでなく、「言うは易く行うは難し」の超学際研究の始まりから展開の裏側を描く。多様な価値観と立場が交錯する中での協働のコツや苦労、研究者の変化、継続のヒントまで。

 「本書を読んだ方が,「こいつら,あほやなぁ.自分たちにもこれくらいできるわ」と思ってくださり,豊かな森と里の再生にむけて,楽しくみんなで学び合いながら手を取り合っていけたら,編者らとしては本望である.」(本書より)

【目次】
はじめに [徳地直子]
序 章 芦生の森から生まれるつながり [徳地直子]
第1章 大学・市民・植物園の連携で希少植物を守る [阪口翔太]
コラム 芦生研究林におけるナラ枯れ [山崎理正]
第2章 回復力を失った森林生態系の再生にむけて[石原正恵]
第3章 トチノキの利用と保全の両立を目指して [坂野上なお・石原正恵]
第4章 ツアーガイドと行う地域の生物多様性調査 [赤石大輔]
コラム ガイドのニーズと研究者のニーズ [赤石大輔]
コラム 美山町のエコツーリズム [赤石大輔]
第5章 地域資源ブランドによる農産加工品の高付加価値化 [内田恭彦]
コラム 芦生地域の産業の変化 [内田恭彦]
コラム 中山間農業地域の現状 [内田恭彦]
第6章 地域が目指すツーリズムの姿を探る [清水夏樹]
第7章 地域との協働を育むプラットフォームづくり [福島誠子・赤石大輔]
コラム 山の健康診断 [赤石大輔]
コラム 屋久島学ソサエティ  [福島誠子・赤石大輔]
コラム 協働のプラットフォームづくりの背景 [福島誠子・赤石大輔]
終 章 豊かな森と里の再生に向けて [徳地直子・赤石大輔・石原正恵]
コラム 地域ステークホルダーとの対話の技法 [石原正恵]
あとがき [石原正恵・赤石大輔・徳地直子]

*本書は、公益財団法人日本生命財団の協力により刊行されました

 著者リスト他、書籍の詳細は、京都大学学術出版会ウェブページをご覧ください。