カテゴリー
ニュース フィールド研のイベント

京都大学フィールド科学教育研究センター地域連携講座「厚岸湖と厚岸湾はなぜ生産性が高いのか?」

 2009年3月7日、北海道厚岸町情報館「本の森」2Fで、京都大学フィールド科学教育研究センター地域連携講座「厚岸湖と厚岸湾はなぜ生産性が高いのか?」が行われました。

日 程:平成21年3月7日(土) 13:30 ~ 16:30
会 場:北海道厚岸町情報館「本の森」2F(JR厚岸駅前)
参加者:135人
主 催:京都大学フィールド科学教育研究センター・厚岸町
後 援:日本財団
問い合わせ先:京都大学フィールド科学教育研究センター TEL:075(753)6426
       厚岸町環境政策課 TEL:0753(52)3131

プログラム

13:30~13:40  開会のあいさつ
         若狭 靖(厚岸町長)
13:40~14:20  講演1
        「鉄がつなぐアムール川とオホーツク海
         -「巨大」魚付き林という考え方-」
         大西 健夫(総合地球環境学研究所)
14:20~14:40  講演2
        「厚岸湖の生産を支えるものとその保全」
         向井 宏(京都大学フィールド科学教育研究センター)
15:00~15:20  講演3
        「アマモ場はなぜ重要なのか?」
         仲岡 雅裕
        (北海道大学北方生物圏フィールド科学センター厚岸臨海実験所)
15:20~15:40  講演4
        「地域資源としての厚岸湖-農業と漁業の交わるところ」
         川辺 みどり(東京海洋大学)
15:50~16:25  総合討論
         司 会:佐藤 真行(京都大学フィールド科学教育研究センター)
         コメンテーター:福澤 加里部
                (北海道大学北方生物圏フィールド科学センター)
16:25~16:30  閉会の挨拶
         安藤 信(京都大学フィールド研北海道研究林長)

-地域連携講座の様子-

ポスター(PDF 1.9MB)は こちら をご覧下さい。
旧公開ページURI http://fserc.kyoto-u.ac.jp/main/centernews/h20/08news17.html