益田玲爾教授が日本水産学会賞を受賞

2024年3月28日に、益田玲爾教授が、令和5年度日本水産学会賞を受賞しました。

令和5年度日本水産学会賞
「水産資源生物の行動生態学的研究」益田玲爾 教授

 益田氏は,動物行動学や実験心理学の手法を水産資源生物に適用し,飼育実験や潜水観察により,魚類の行動の特性と個体の成長や生残に関する研究を行った。特に,稚魚期の学習能力の発達についての研究は,栽培漁業における種苗の育成・放流手法に新しい視座を与えた。また,長期にわたる魚類群集の潜水目視調査は,魚類群集の環境応答,温暖化の影響,津波後の回復といった貴重な知見をもたらすのみならず,種間相互作用と群集の安定性に関する重要課題の解決,環境DNA情報の定量定性的な有効性の検証など,他分野の研究発展に大きく寄与した。このように益田氏の業績は,優れた観察力に裏付けされた卓越したものであり,研究分野の創出と発展に大きな貢献が認められることから,日本水産学会賞を授与するにふさわしいものと評価された。

(参考) 日本水産学会ウェブページ 令和5年度日本水産学会各賞受賞者の選考結果について